*

肌に赤みが出たときは

公開日: : 最終更新日:2017/01/31 肌の赤み

何でもないのに肌に赤みが出ることはありませんか?

もしくは触っただけで赤みが出ることはありませんか?

ちょっとしたことで肌に赤みが出る場合は、肌自体が弱いか、肌のバリア機能が落ちています。
肌が弱かったり、肌のバリア機能が低下しただけでは赤みなどは現れにくいのですが、そこにダメージが加わると肌に赤みやブツなどの異常が出ることがあります。

つまり肌に赤みが出る条件として:
肌の防御力が低いor落ちている+肌へのダメージ

肌にダメージとなるものは?

では、肌へのダメージはどんなものが挙げられるでしょうか?

1.自分の手
2.まさつなどの物理的ダメージ
3.合わないメイク、化粧品
4.クレンジング剤、洗顔料
5.ヘアケア剤が残留した髪
6.シャンプーやリンスのすすぎ湯
7.洗っていないマスク
8.マフラー、コートのボア などなど。

数え上げれば身の回りにいっぱい肌をいためるものがありますね。
この中でも最も肌へのダメージが大きいのが1と2ですが、1と2がなくても原因が多ければ多いほど肌に赤みが出る確率が高くなります。

少しでも肌に赤みが出る原因を減らしていくことが顔の赤みの改善につながっていきます。

すでに肌に赤みが出てしまったら?

赤くなっている部分を触らないで下さい。
痒みやピリピリ感がある場合は、水(好みの温度で)だけで洗顔してワセリンをつけておくとよいでしょう。
ワセリンは毛羽だった角質をなめらかにしてつなぎとめてくれるので痒みが軽減できます。

次に、なるべく肌には何もつけないで下さい。
いたんだ肌には特に休息が必要です。

できれば湯シャンが望ましいのですが、無理な方はシャンプーを薄めて使うとダメージが軽減できます。

また、髪はできるだけ顔にかからないようにするとよいでしょう。

筆者の肌の赤み体験談

ある日、左側の頬の下あごが痒くなりました。

鏡を見てみると、赤みがさしてプツッとなっています。
つまり赤ニキビのようなブツになっていたのです。

あ、こりゃニキビじゃないな。とすぐ分かりました。
痒い時点で何かが触れてしまった気配がムンムンです。

頬の下あご(トラブルが出ている部位)にあたっている頻度が高いものは私の髪。

その時、横の髪が伸びて、頬の下顎に触れてチクチクする時がよくありました。

湯シャンだから髪自体には刺激はないのですが、普段、ベレーの中に髪を入れていてその髪が出てくることもありました。

ベレーはフェルトでできているので洗えません。(おいおい!)

まあ、髪でチクチクという点で、ベレーだけのせいではないのですがね。

この場合の原因として・・・
1.髪の毛のチクチクという感触が刺激になった。
2.ベレーが洗ったものでなかった。

とりあえず、肌に痒みと赤みが出た夜は掻かずにそっとしておきました。
掻いたら余計に悪化しますから。
また、痒みが出た!オイルつけなきゃ!クリームつけなきゃ!とベタベタ肌につける人もいらっしゃいますが、逆に刺激となることもあります。
どうしても何かつけたい場合は、肌に影響がないワセリンがよいですね。

翌日、ベレーからはみ出している髪の毛が顔に触れないようにピン留めしてみました。
(その前にベレーやめたら?と言われそうです)

やはり、しばらく肌へのダメージがなかったら顔の赤みはすぐにやみますね。
プツッとして赤みが強かったのに、翌日はもうプツッとしていませんでした。

20150401_yoko
少し赤みが残っていますが、すぐに消えることでしょう。

最近の非接触のメルマガにも接触のことが書いてありましたね。

肌に異常(赤みやブツ、湿疹など)が出ている部位に触れているものを振り返り、接触を控えるだけでもずいぶんと肌の調子が違ってきます。

面白かった非接触のメルマガをピックアップ:
肌トラブル別改善期間の目安
大体の肌トラブルは、早い時期(遅くとも3ヶ月)に改善するようですが、やはりシミは長期戦になるようですね。
他、ニキビ、かさつき、赤み、毛穴などの改善期間の目安が書かれていました。



関連記事

ニキビと顔の湿疹:原因とケア

ニキビだと思っていたら顔の湿疹だったというケースがあります。 そしてニキビと湿疹が混合している場合

記事を読む

顔を触ると肌に赤みが出る

肌断食に限らず、どんな美容法であっても、顔を手で触るクセがあると肌が荒れやすい。 なので、どんな美

記事を読む

ニキビケアは洗顔以外にも重要なことが

すでにできてしまったニキビは、まず悪化させないことが大切です。 ニキビが大きくなるとその付近の

記事を読む

no image

毛穴吸引器体験談

マッサージローラー、かっさプレート、毛穴吸引器、スチーマー、いろいろと美顔器具が売られています。

記事を読む

顔の汗は肌荒れの原因になる?!

暑いですね~。 今年は特にうだるような暑さ。 この季節は、外出すると顔に汗をかくことが多いか

記事を読む

接触性皮膚炎:手で触ると肌荒れ

接触性皮膚炎や酒さは、手で触っただけで荒れてしまう場合があります。 手に刺激物がついているのも

記事を読む

ニキビと間違えそうな症状:蕁麻疹

蕁麻疹が出てよくニキビと間違われるケースがあります。 蕁麻疹の原因は食べ物、ストレス、寒暖など様々

記事を読む

肌荒れしやすい人はティッシュに注意!

昨日はうっかり鼻かみ用のハンカチを忘れて出勤してしまいました。 こういうときのために、カバンの中に

記事を読む

ストレスや不眠の肌荒れ対策

肌荒れの対策には、休養、栄養、運動が必要。 しかし、現代のストレス社会では、交感神経と副交感神

記事を読む

赤ら顔、ほてり(ホットフラッシュ)の原因と対策

のぼせ・ほてりは昨今ではホットフラッシュとも呼ばれ、多くの人が赤ら顔に悩まされています。 また

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

毛穴の黒ずみ、もしかして埋没毛?

肌の悩みで多くを占めるのが毛穴の黒ずみです。 毛穴の黒ずみは肌へのダ

肌断食が成功しないケース

「お金をかけて手入れすれば、いつまでも美しく若々しくいられる」 そん

日焼け?のぼせ?夏に顔が赤黒くなる原因と対策

毎日、暑い日が続きますね。 太陽がカンカン。紫外線もガンガン。

肌断食実践者の紫外線対策

肌荒れを改善したり、美肌を保とうと思えば、基本的に日焼け止めはNG。

赤身の肉で肌にハリと潤いを

非接触皮膚科学のメールマガジン「第563号 年のせい?『シミ、しわ、た

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑