*

肌荒れしやすい人はお泊り注意!

公開日: : 肌の記録, 肌荒れ

会社でも、友人宅でも、旅行先でも、肌荒れしやすい人がお泊りする時は気をつける点があります。

大抵、自宅以外では、非接触指定のトップクリアリキッド以外の洗剤が使われていることが多く、中には柔軟剤入りの洗剤や抗菌加工がされているものもあります。

疲れている時、肌のバリア機能が落ちている時、こういった洗剤や身の回りの物への接触でも、肌荒れを起こしてしまう可能性があります。

外出先の布団で眠るときは、タオルを何枚か用意しておくとよいでしょう。

・入浴後の顔拭き用のタオル
・枕用のタオル
・できればアゴ付近を覆うタオル

ちなみに筆者は今回、タオルを用意しておらず、自分がいつも持っているハンカチと無漂白キッチンペーパーを利用しました。
ハンカチは顔拭きにし、無漂白ペーパーは枕のところに被せて眠りました。

無漂白キッチンペーパーは、ティッシュ入れに入れておけばカサ張らず便利です。
風邪をひいた時のマスクの内側にも使いました。
(ただゴワつくので、ハンカチやガーゼのほうが心地よいです)
これから花粉の季節なので、マスク着用の際は内側気をつけてくださいね。

そうこうして泊まったあくる日の肌。
体調もあまり思わしくなく、寝不足だったのですが、肌へのダメージは大分減らすことができました。

20150328_center
泊まりの翌日の肌。
ニキビ、吹き出物、湿疹などのトラブルはありません。
このところ、安定して肌トラブルもなく、テカリ・カサつきもありません。
ただ寝不足の上、いつもの運動(スロースクワット)もないので、顔がむくんでいます(T▽T)

ちなみに泊まりの時、湯シャン、水洗顔、肌断食って意外と便利です。
シャンプーもリンスもトリートメントも基礎化粧品も持ち歩く必要がないのですから。
できればタオル2~3枚なので超シンプルです。
忘れ物の心配もうんと減っちゃいます♪

入浴時も泡を使うことなく湯だけ。
ゆっくりと湯船につかれちゃいます。
ただ、他の人も入っている大浴場では湯船で顔をパシャパシャすると乾燥の可能性が高くなるので、何もせずゆっくり浸かるとよいでしょう。



関連記事

no image

マラセチア、脂漏性皮膚炎、診断があやふやな皮膚科

きちんとした検査もせず、いきなりマラセチア、脂漏性皮膚炎などと仮定し、強い薬を出されるケースがよく見

記事を読む

水洗顔で毛穴の黒ずみをケア

洗顔料やクレンジングオイルは洗浄力が強すぎて、必要以上に皮脂を取ってしまいます。 必要以上に皮

記事を読む

宇津木式で顔の赤みを改善

このところ日常、水洗顔時ともに「触らない」「こすらない」を徹底中。 その甲斐あってか、汗が出て

記事を読む

no image

男性の肌の悩み:ひげ剃りに注意!

男性はいいな~。 化粧しなくてもいいんだから手間いらずだよね。 いつでもどこでも水洗顔できて、さ

記事を読む

湯シャン、水洗顔の経過報告(3年以上)

先日、37歳になりました。 振り返って見ると、湯シャンや水洗顔も3年と2ヶ月。 基礎化粧品も

記事を読む

no image

肌荒れ:デオドラントシートやウェットティッシュに注意!

こないだホテルに行ったとき、サービスとして、女性の私は基礎化粧品やクレンジングのグッズ、男性の彼はひ

記事を読む

唇のカサつきはワセリンを

湯シャン、水洗顔、肌断食で肌が改善した。 でも、唇のカサつきがなかなか改善しない。 もしくは、唇

記事を読む

no image

除菌スプレー、天然のものなら大丈夫?

市場に出回っている除菌・殺菌スプレー、除菌洗剤の大半は合成界面活性剤がベースとなっているもの。

記事を読む

トレチノイン・ハイドロキノン失敗談

湯シャン・水洗顔・肌断食を始める2年位前に、トレチノインとハイドロキノンというものを試したことがあり

記事を読む

no image

気がついたらワセリンがいらない唇に

非接触生活では肌が乾燥して粉吹したり皮むけしたりする場合は、何かで間接接触があるとされています。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

40歳:湯シャンと肌断食6年以上

40歳になりました。この時点で湯シャンと肌断食6年以上。 6年

シミを消す近道は?

湯シャンと肌断食を始めると、ニキビや赤みなどの肌荒れは短期間で改善され

肌が乾燥しやすい季節どう乗り越える?

11月ももう下旬。 街を歩くともうコートの人もいらっしゃいます。

白髪染め後のシャンプーどうする?

35歳を過ぎると白髪がチラホラ出てくる人が増えてきます。 なので、白

ストレスや不眠の肌荒れ対策

肌荒れの対策には、休養、栄養、運動が必要。 しかし、現代のストレ

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑