*

え?ヤケド治療の湿潤療法から保湿の誤解?!

公開日: : 最終更新日:2017/11/12 基礎化粧品について

火傷や傷は湿らせて治すというのが湿潤療法。

湿潤療法は、軽いケガや火傷であれば、油を塗ったラップで患部を覆っておけば、早くきれいに治るというもの。
できればワセリンがよいのですが、馬油やサラダ油、胡麻油でも効果があります。
傷口を乾かさずに湿らせておくことで、細胞の再生を促進し、治りを早くします。

これを、湿らせるのは肌にいいと勘違いして保湿はやっぱり重要!と誤解する方もいらっしゃいます。

乾燥だから、さあ、湿潤だ、保湿だ、ってちょっと待って下さい!

湿潤させるのは火傷やケガで細胞が破損している場合。

乾燥肌というのは、何かの接触や、肌の機能(自ら潤う力)が衰えているために起こるものです。
間違っても細胞の破損ではありませんので、細胞の再生を促進する必要がありません。

では何を行えばよいでしょうか?

肌がカサつく原因を断てばよいのです。

肌がカサつく原因、乾燥肌の原因といえば、まず考えられるのが接触。

手で顔を再々触る人、マフラー、マスク、シャンプー、リンスなどのヘアケア剤、基礎化粧品などが考えられます。

え?基礎化粧品って、美容液やクリームも乾燥肌の元になるの?!

はい、そうです。
このブログでも度々述べてきましたが、一生懸命クリームや美容液を肌に塗って保湿をしても肌が潤うことはありません
クリームや美容液が肌をコーティングしてベタベタとする感触になりますが、これで肌のカサつきが解決されるわけではありません。
逆に美容液やクリームに含まれている界面活性剤や成分によって肌をいためてしまいます。
市販の美容液やクリームは成分数が多く、オールマイティにできている分、その成分のどれかが肌に影響を及ぼしたり、負担をかけたりしています。
自分の肌に不要な成分が入っていれば、逆に肌に負担をかけ、また、肌の基本機能(自家保湿因子の生成)を妨げます。

なお、乾燥肌にはもう1つ大きな原因があります。
それはストレスによって生じる活性酸素。
血中の活性酸素が増えるとそれを除去するのにビタミンCが消費されます。
なので、ビタミンC粉末等で補ってあげる必要があるのです。

→詳しくはエコ肌のストレスのページをご覧下さい。



関連記事

no image

とれるNo.1はオーガニック化粧品?

先ほどの記事でオーガニック化粧品について書きました。 オーガニック化粧品は界面活性剤やシリコン

記事を読む

身の回りにあふれるエセ科学

最近の非接触のメルマガでエセ科学というものが出てきました。 たしか水素水の健康効果でしたね。

記事を読む

no image

化粧水は使った方がいい?

水洗顔や肌断食中に「やっぱり化粧水を使った方がいいのでは?」と迷われる方もいらっしゃると思います。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

湯シャンと肌断食6年経過時点

湯シャンと肌断食6年が経過しました。 ここまで長く続けられた美容法は

湯シャン実践者の白髪染め

湯シャンを実践されている方の中には白髪が気になるという方もいらっしゃる

湯シャンの温度と頻度

湯シャンの温度と頻度は、季節や髪・頭皮の状態によって異なります。

レモンやキュウリのパックは肌にいい?

レモンのパックやきゅうりのパックが一昔前に流行ったことがあります。

思春期ニキビと大人ニキビのちがい

思春期ニキビと大人ニキビの違いなんて表題をつけましたが、基本的な原因は

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑