*

シャンプーは一度使うと約1週間髪や頭皮に残留する

公開日: : 最終更新日:2017/05/14 湯シャン(湯だけの洗髪)

私は日頃から湯シャンをしていますが、約1週間前に美容室でシャンプーをしてもらいました。
ついでにスプレーの実験もありました。

美容室でのシャンプーはシャンプー液をたっぷり使うので、髪がいつもと違う感触になります。
髪が人工の毛になったみたいで、シャリシャリと滑る感じでしょうか。
ポリエステル?アクリル?みたいに軽い感じ。
これが約1週間続きます。

スプレーは前髪での実験だったので、顔にかかってしまいました。
なので鼻の周辺がちょっと荒れた時もありました。
少しですが赤みと小さなブツがありました。

1週間後シャンプーの感触が抜けてきた

そして土日あたりでしょうか。
やっと自分の髪に戻ってきた感じです。
そして肌の方も落ち着いてきました。

シャリシャリする感じがなくなると何となく安心です^^

シャンプーやスプレーをしてから約1週間。
髪の毛が戻るのもこのタイミング。
肌が戻るのもこのタイミング。

シャンプーなどのヘアケア剤(界面活性剤)が1週間は残ると言われる理由が納得できる体験でありました。
(何度も体験しているような^^;)

ヘアケア剤が髪に残っていると、その髪が肌に触れると肌の弱い人はいとも簡単に赤みが出てしまいます。

やはり湯シャンは美肌に重要な要素だと実感しました。

シャンプー、リンス、トリートメント、ワックス、スプレーなどを使わず、洗髪は湯だけで行うこと。
洗顔フォーム、石けん、クレンジングなど使わずぬるま湯だけで洗顔を行うこと(水洗顔)。
化粧水、クリーム、美容液などの基礎化粧品を使わないこと(肌断食)。
顔を日常的に触らないこと。
抗菌・殺菌作用のあるものを肌に付着させないこと。

顔を触らないことはやはり美肌の基本ですね。
どんなによい美容法でも日常的に顔を触っていては美肌は難しい。

日頃、当たり前になっていた湯シャンの恩恵。
当たり前になるほど、人間はその恩恵を忘れてしまいがちなので気をつけようと思った出来事でした。

枕のタオルも洗い直そうと思います。

20150131_top
1月31日の私の頭皮。
まだ少し頭皮に赤みがありますが、髪の毛がいつもの感触に戻ってきました。



関連記事

湯シャン実践者の白髪染め

湯シャンを実践されている方の中には白髪が気になるという方もいらっしゃると思います。 白髪の原因

記事を読む

湯シャン:ブラシにつく白い粉

湯シャンに獣毛ブラシはつきもの。 獣毛ブラシでブラッシングすることで、髪に付着した汚れ(埃など)を

記事を読む

湯シャン、水洗顔、肌断食を続けて1年と1ヶ月・・・

湯シャン(湯だけの洗髪)、肌断食(基礎化粧品を使わない)、水洗顔(水だけで洗顔)を始めてから1年と1

記事を読む

白髪染め後のシャンプーどうする?

35歳を過ぎると白髪がチラホラ出てくる人が増えてきます。 なので、白髪染めを月に1回くらいのペース

記事を読む

湯シャンを適度に取り入れる場合は

11月中頃から、頭皮用シャンプーとボディソープのモニターになっています。 この度クマさん先生が

記事を読む

湯シャンのフケ対策

湯シャンに限ったことではないのですが、時々フケの多い人がいらっしゃいます。 部屋を歩くと白い粉がパ

記事を読む

湯シャンから髪質が改善するまで

最近、湯シャンに切り替えて、肌がよくなってきたとの報告をよく頂きます。 湯シャンに切り替えてか

記事を読む

no image

髪のベタつきにとれるNo.1または小麦粉シャンプー

暑い日や湿気の多い日は、湯シャンを長期間続けている人でもベタつきが気になることがあるようです。

記事を読む

湯シャンで髪の毛を増やすことはできる?

湯シャンで髪の毛を増やすことができたという体験談もあれば、いや、湯シャンでは抜け毛が増えて髪の毛は増

記事を読む

no image

湯シャン挫折防止のためのまとめ

せっかく湯シャンをはじめたのに3ヶ月で挫折。 そんな経験ありませんか? 今日は、湯シャンのコ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

40歳:湯シャンと肌断食6年以上

40歳になりました。この時点で湯シャンと肌断食6年以上。 6年

シミを消す近道は?

湯シャンと肌断食を始めると、ニキビや赤みなどの肌荒れは短期間で改善され

肌が乾燥しやすい季節どう乗り越える?

11月ももう下旬。 街を歩くともうコートの人もいらっしゃいます。

白髪染め後のシャンプーどうする?

35歳を過ぎると白髪がチラホラ出てくる人が増えてきます。 なので、白

ストレスや不眠の肌荒れ対策

肌荒れの対策には、休養、栄養、運動が必要。 しかし、現代のストレ

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑