*

水洗顔で毛穴の黒ずみをケア

公開日: : 肌荒れ

洗顔料やクレンジングオイルは洗浄力が強すぎて、必要以上に皮脂を取ってしまいます。

必要以上に皮脂を取れば、皮脂はさらに分泌されます。
その結果、皮脂腺が肥大化してテカリ肌の原因の1つになったり、皮脂が酸化して毛穴が黒ずんでくることもあります。

それだけでなく、ニキビなどの肌荒れに発展する可能性も高い。

しっかり洗う、皮脂を落とすことが毛穴ケアだと思っている人も多いのですが、スキンケアをやりすぎてしまうと逆に毛穴が目立つようになってしまいます。

そう、洗顔フォームやクレンジングオイルで根こそぎ油分を落とすことはニキビや毛穴の黒ずみ、テカリに一役貢献しているのです。

水洗顔で常在菌環境・皮脂腺を整える

水洗顔はぬるま湯だけで行う洗顔。
洗顔フォームやクレンジングオイルはもちろん、石けんも使いません。

肌をいためるもの、肌に必要な成分を奪い去ってしまうものも排除です。
そして、日常的に顔を触らないようにして、顔に刺激物がつくのを防ぎます。

この水洗顔を続けていると、崩れていた肌の常在菌環境が徐々に整ってきます。
(洗顔料やクレンジングオイルに含まれている強力な界面活性剤は肌の常在菌環境を破壊します)

常在菌環境が整うと皮脂が正常に分解され、その後に生じる脂肪酸も正常に分解されるようになります。
脂肪酸がいつまでもあると酸化して毛穴の黒ずみなどの原因となります

また、水洗顔によって「洗いすぎ」ということもなくなるので、肥大化した皮脂腺が徐々に元に戻っていきます。

こういう意味で水洗顔は、毛穴ケアの基礎となるのです。

そして、肌の環境改善にともない、テカリや毛穴の黒ずみも治まってきます。
個人差はありますが、期間としては大体4~6ヶ月くらいでしょうか。

水洗顔を続けても毛穴が改善しない場合は?

しかし何ヶ月たっても、毛穴の黒ずみが気になるという方もいらっしゃると思います。

水洗顔を適切に実践されていれば、毛穴の黒ずみは改善しているはずです。
ここでちょっと振り返ってみましょう。

・肌をしつこく触りませんでしたか?
→触ると肌はなかなか改善しません。
洗顔の際は流水と手ぬぐいで手を洗ってから水洗顔をしましょう。
それ以外の時は顔を触らないように気を付けましょう。

・湯シャン・肌断食も一緒に実践しましたか?
→肌を整えるには湯シャン、肌断食も必要です。
水洗顔をしていても上からシャンプーのすすぎ湯が落ちてくれば肌にはダメージとなります。

・柔軟剤を使ったタオルもしくは新品のタオルを使いませんでしたか?
→柔軟剤や抗菌剤は肌を傷めます。

・マスクは使用していましたか?
→使い捨てマスクなど洗えないマスクには抗菌剤などがついています。

以上のことを気を付けてみてください。
肌荒れ、毛穴の開き、毛穴の黒ずみを改善するには、肌へのダメージをなくし、生活習慣を改めることが必要です。

肌へのダメージをなくすこと、皮膚環境を阻害しないこと、規則正しい生活が、基本的な毛穴ケアとなるのです。



関連記事

no image

クレイ・ガスールは肌にやさしい?!

私が化粧品を使っていて、肌荒れに悩んでいた頃、クレイにお世話になったことがあります。 クレイパ

記事を読む

トレチノイン・ハイドロキノン失敗談

湯シャン・水洗顔・肌断食を始める2年位前に、トレチノインとハイドロキノンというものを試したことがあり

記事を読む

no image

冬の乾燥肌対策:カサついたらワセリン

冬の乾燥肌対策は、寒さによるストレスを防ぐために温かくして過ごすことが大切です。 なぜなら寒いとい

記事を読む

no image

意外と知られていない顔を触らないことの重要性

先日、また仲良しグループで集まりました。 グループの中で、美容の話になりました。 私はベ

記事を読む

顔ダニって何?ニキビ菌?

ねえねえ、顔ダニって知ってる? 今日の昼の番組でやっていたのだけど、顔ダニって誰の肌にもいるみ

記事を読む

汗は肌荒れの原因?

暑いですね。 道を歩いていたら、顔に汗がダラダラ。 汗が出たら顔に痒みやピリピリ感が。 こんな

記事を読む

夏の肌荒れ注意報

突然ですが、夏は肌荒れの季節です。 それを言ってしまえば、寒い冬も肌荒れの季節じゃないか!

記事を読む

接触性皮膚炎:手で触ると肌荒れ

接触性皮膚炎や酒さは、手で触っただけで荒れてしまう場合があります。 手に刺激物がついているのも

記事を読む

冬の肌荒れ対策

冬は大体に肌荒れしやすい時期であります。 かさつき、ブツ、赤みなど。 中でも肌の乾燥は、空気の乾

記事を読む

ストレスや不眠の肌荒れ対策

肌荒れの対策には、休養、栄養、運動が必要。 しかし、現代のストレス社会では、交感神経と副交感神

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日焼け?のぼせ?夏に顔が赤黒くなる原因と対策

毎日、暑い日が続きますね。 太陽がカンカン。紫外線もガンガン。

肌断食実践者の紫外線対策

肌荒れを改善したり、美肌を保とうと思えば、基本的に日焼け止めはNG。

赤身の肉で肌にハリと潤いを

非接触皮膚科学のメールマガジン「第563号 年のせい?『シミ、しわ、た

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑