*

ニキビケアは洗顔以外にも重要なことが

公開日: : 最終更新日:2017/01/31 肌の記録, ニキビ対策, 肌の赤み

すでにできてしまったニキビは、まず悪化させないことが大切です。

ニキビが大きくなるとその付近の毛穴を圧迫し、ニキビの近くの肌にもニキビが出やすくなります。

ニキビは小さいうちに気付いて、大きくさせないようにすることがニキビを増やさないコツです。

また、ニキビはできるだけ早く治した方が他の皮膚に広がりません。

最大のニキビケアは触らないこと

ここで最も重要なニキビケアをお伝えします。

それは、ニキビができたらニキビを触らないことです。
ニキビがない肌でも触らない方がよいのですが、ニキビは特に触ってはいけません。

小さなニキビでも触ると摩擦で赤くなります。
しつこく触れば腫れて大きくなります
ニキビが大きくなったら周りの毛穴を圧迫し、ニキビを増やすことになります。
また、ニキビをつぶすと傷になってしばらく残ります。

だからニキビは触ってはいけないのです。

ニキビの時の洗顔は?

ニキビだからと言ってニキビ肌用洗顔フォームやせっけんなどを使う方も多いことでしょう。

しかしニキビ肌用洗顔フォームは刺激が強く、弱った肌には返ってダメージとなります。

水洗顔(ぬるま湯)のみで化粧品を使わないのが一番なのですが、ベタつきが気になるという方は、米ぬかの粉末がよいでしょう。

米ぬかの粉末を選ぶ際は、粒子が細かいものを選ぶとよいでしょう。
粒子が荒いと肌を傷つけてしまいます。

とれるNo.1の洗顔用米ぬか粉末は粒子が細かく刺激がありません。

マイルドですが、泡立てて使うとサッパリします。
ドロドロに溶くとパックにもなります。



水洗顔でも、米ぬか粉末での洗顔でも、洗顔後は何もつけなくてもOK。
カサつきが気になる人は、皮脂が出てくるのを待ってみてください。
数時間待ってもカサつく感じがあればワセリンをうすくつけておきましょう。

ニキビケアはヘアケアも重要

湯シャンで髪にシャンプーなどのヘアケア剤を残留させないのが一番なのですが、どうしてもシャンプーを使いたい方はなるべく少量にしすすぎをしつこいくらいにされることをお勧めします。

そして髪はできるだけ顔にかからないように気を付けてください。

なお、湯シャンはしたいけど慣れないという方は、上記のとれるNo.1の粉末が補助になってくれます。

ニキビケアは生活習慣の改善も含む

ニキビ、特に大人ニキビは、ホルモンバランスの乱れも大きく関係しています。

慢性化した場合は、ピルなどで治すお医者さんもいらっしゃいますが、できれば薬は使いたくないもの。

ホルモンバランスを乱すものは、ストレスと不規則な生活。
仕事のストレスだけでなく、寒い暑いのストレス、空腹のストレス、体調不良のストレスも含みます。

なので、以下のことが必要になってきます。

・食事は3食できるだけ決まった時間に食べること
・7~8時間の睡眠時間を確保すること
・適度な運動
・自分なりのストレス解消法
・入浴で温まり体のコリをほぐす

ニキビケアで重要なのはマイナスをなくすこと

1晩でニキビが治るとかそういう薬も出回っていますが、ニキビの改善は肌の環境(常在菌や皮脂腺など)整備もあり、1日や2日で治るものではありません。

ニキビケアで大切なのは、少しでも肌へのダメージをなくすことであります。

そして肌へのダメージがなくなれば肌の常在菌環境も安定してきます。
されに、これまで洗顔のしすぎで狂っていた皮脂の分泌も正常になってきます。

個人差はありますが、肌の環境が整うまでに約半年くらいかかります。

それまではできるだけニキビを大きくしないよう気を付けてくださいね。
肌へのダメージを抑えること、ニキビを触らないこと、強い洗顔フォームを使わないことが重要なニキビケアであります。

20150120_center
2年前の私の肌。
あの頃はいろいろ試していたせいかうっすらと赤みもあります。
しかしこの頃も基本は湯シャンと肌断食だったので割と安定している感じです。



関連記事

肌に痒みやピリピリ感があるときは無理をしない

口周りの荒れ、大分ひいてきました。 ザラザラも大分滑らかになってきた感じです。 見た

記事を読む

赤ら顔、ほてり(ホットフラッシュ)の原因と対策

のぼせ・ほてりは昨今ではホットフラッシュとも呼ばれ、多くの人が赤ら顔に悩まされています。 また

記事を読む

皮膚にカビが?!マラセチア(でんぷう菌)の異常繁殖

皮膚カビといわれるマラセチアの異常繁殖。 実は、多くの人がボディケアのしすぎやスキンケアのしすぎで

記事を読む

多血症も赤ら顔の原因に

暑くなり、汗をかく時期になると、水分が不足気味になってきます。 水分が不足すると、血液が濃くなりま

記事を読む

no image

肌断食・水洗顔に年齢は関係ない

最近、肌断食や水洗顔は10代でもできるの? という質問を頂きました。 肌断食や水洗顔は10代

記事を読む

no image

肌荒れは肌断食だけでは改善しない

時々、肌断食をしてみたものの効果が見られない、水洗顔をしたけれど肌荒れが改善しないという人がおられま

記事を読む

低用量ピルでニキビや肌荒れは改善する?

理由あって2週間前からピルを服用しております。 そうです。あの低用量ピルです。 避妊効果のあ

記事を読む

no image

頬に赤みが出てきました

髪が頬に触れたりしたせいか、少し赤みが出てきました。 小さなブツも1つ。これは気になって触ったのも

記事を読む

角質培養:角栓対策はお風呂でゆっくり温まる

6日間の外泊を終え、本日、帰宅しました。 いや~やっぱり自宅はいいですね~。 のんびりくつろいで

記事を読む

入浴後、顔に赤みが出る

湯船の温かいお湯につかって温もると顔が赤くなるのは自然です。 血行がよくなって顔が赤くなります。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

赤身の肉で肌にハリと潤いを

非接触皮膚科学のメールマガジン「第563号 年のせい?『シミ、しわ、た

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われが

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑