*

湯シャンしている場合のカラー

公開日: : 最終更新日:2017/11/12 湯シャン(湯だけの洗髪)

湯シャンをしていると、カラーも頭皮を傷めるからしない方がよいのかな?と思われる方もたくさんいらっしゃると思います。

確かに頭皮や皮膚のためにもカラーはしないに越したことはありません。
しかし、カラーを頻繁に行わなければ、頭皮や肌がひどく荒れるということはありません。

私は湯シャン初期に2ヶ月に1回くらい、カラーをしていましたが、カラーのせいで肌荒れが悪化したということはありませんでした。
(触って自爆したことはありましたが)
非接触生活によれば1ヶ月に1回くらいなら、表面上影響はないとされていますが、できるだけ期間は置きたいものです。

ただ、カラー直後1週間くらい気をつけたいことがあります。

それはカラー後1週間は特に髪を顔に触れさせないこと
カラー後1週間はまだカラーの成分が残留しています。
その髪が顔に触れると赤みやかゆみの原因となることがよくあります。
眠るときも、枕の髪が触れた部分に顔を接触させないように気をつけます。

また、カラーをしていない時でもなのですが、顔を触らないことも重要です。
カラー後は特に刺激物に触れないように気をつけて下さい。

なお、カラーしたその日、しっかり湯シャンすることも有効です。
(カラー落ちが気にならない場合)
私がカラーをしている頃は色が出なくなるまで湯シャンしたものです。
小麦粉シャンプーとれるNo.1など天然の界面活性効果があるもので洗うとより残留物がおちやすくなります。

それから、カラー直後は髪がパサつき、バシバシすることがよくあるかと思います。
そこでトリートメントを使うのはNG。
肌荒れしやすい人にはテキメンダメージとなります。
一番いいのは放置。
しばらくすると適量な皮脂で髪がぱさつかなくなります。
しかし耐えられないという方は、ピュアオイル(ホホバ油や馬油など)を少量、髪の気になる部位につけるとよいでしょう。



関連記事

肌荒れ対策は湯シャンから

よいシャンプーなんてこの世にない。 それは、クマさん先生の言葉だった。 最初に聞いたとき

記事を読む

no image

湯シャン:綿手袋で髪がサラサラ

湯シャンで、綿手袋も綿ハンカチも使わない時期がありました。 拭うものがなくても湯シャンイケるように

記事を読む

ヘアケア剤が肌荒れの原因に

肌荒れの原因として意外と知られていないのが、シャンプー、リンス、トリートメント。 そして、ムースや

記事を読む

no image

湯シャンでくせ毛がなおる?

湯シャンを始めて1年以上。 すっかり私の髪はストレートヘアになりました。 以前はものすごいく

記事を読む

湯シャン:ブラシにつく白い粉

湯シャンに獣毛ブラシはつきもの。 獣毛ブラシでブラッシングすることで、髪に付着した汚れ(埃など)を

記事を読む

no image

クレイ・ガスールは肌にやさしい?!

私が化粧品を使っていて、肌荒れに悩んでいた頃、クレイにお世話になったことがあります。 クレイパ

記事を読む

no image

湯シャン:頭を掻くとフケだらけに

このブログやエコ肌をお読みの方、湯シャン愛好家の方はすでにお気づきだと思いますが、頭をボリボリ掻くと

記事を読む

湯シャンで臭い場合

湯シャンを始めたばかりの場合、髪や頭皮が濡れたままだと臭うことがあります。 それは、頭皮の常在

記事を読む

獣毛ブラシの汚れもアクリルたわしで

湯シャンは肌荒れの改善や頭皮荒れの改善に効果的。 そしてその湯シャンに付き物なのが獣毛ブラシ。

記事を読む

湯シャンで髪の毛を増やすことはできる?

湯シャンで髪の毛を増やすことができたという体験談もあれば、いや、湯シャンでは抜け毛が増えて髪の毛は増

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

40歳:湯シャンと肌断食6年以上

40歳になりました。この時点で湯シャンと肌断食6年以上。 6年

シミを消す近道は?

湯シャンと肌断食を始めると、ニキビや赤みなどの肌荒れは短期間で改善され

肌が乾燥しやすい季節どう乗り越える?

11月ももう下旬。 街を歩くともうコートの人もいらっしゃいます。

白髪染め後のシャンプーどうする?

35歳を過ぎると白髪がチラホラ出てくる人が増えてきます。 なので、白

ストレスや不眠の肌荒れ対策

肌荒れの対策には、休養、栄養、運動が必要。 しかし、現代のストレ

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑