*

ぬるま湯洗顔ブツブツ、エコ肌ブツブツ

公開日: : 水洗顔(ぬるま湯だけで洗顔)

この最近の検索ワードを見てみると、「ぬるま湯洗顔 ブツブツ」で検索してこられた方と「エコ肌ブツブツ」で検索してこられた方がいらっしゃいました。

どちらも1件ではあったのですが、湯シャン、水洗顔、肌断食を頑張って実践しても、ブツブツが改善しない人おられるかと思います。

肌がさらに弱い場合は、湯シャン、水洗顔、肌断食だけでは不十分で、柔軟剤や抗菌剤、スプレー、身の回りの衣類など肌に刺激となるもの、肌の常在菌環境を乱すものに注意する必要があります。
また、肌が弱くても健康であっても「肌を日常的に触らない」ことも重要です。

しかし生活を振り返っても何に接触したのか分からない!という人結構おられると思います。

またこの接触もパートナーとのスキンシップなど回避が難しい場合もあります。

このへんの細かな接触をカバーする情報が見つかればよいのですが、現在エコ肌では痒みやピリピリ感、炎症を抑える冷却美容で肌を触る、引っ掻くを回避すること、そして私が実際に体験して自爆した接触体験談をお伝えするくらいです。

思い出せないほどの細かな接触を手軽にカバーする方法があればよいのですが、そこはまたエコ肌の研究課題であります。

接触だから仕方がないのかもしれませんが、未来で何かいい方法が見つかるかもしれません。
引き続き「小さな接触」を研究課題とし、専門家の文献をチェックする作業頑張って行きます。

そうそう湯シャン、水洗顔を始めたばかりの頃のブツブツやニキビ。
皮膚の常在菌環境が整っていないために異常が出やすい場合もありますので、6ヶ月を目安に実践するとよいでしょう。
またベタついて不快な場合は水洗顔でマメに流すことで皮脂の酸化を防ぎます。

ただ、この時期になるとベタつきより乾燥が気になられるケースが多い。
空気の乾燥よりも寒さのストレスによって肌が影響を受けやすくなりますので、くれぐれも温かくしておでかけ下さい。



関連記事

無洗顔、水洗顔のメリット、デメリット

最近、ちょっと驚いたことがあります。 それは水洗顔も何もしない「無洗顔」を行っている人がいると

記事を読む

no image

宇津木式の水洗顔で失敗?!

このブログのアクセス解析を調べてみると、「宇津木式で肌がボロボロ」の記事が最もアクセスされていること

記事を読む

角質培養、水洗顔のモサ(角栓)対策

昨日の記事でとれるNo.1を紹介しました。 肌荒れしやすい人のお風呂掃除にとても便利なのですが、

記事を読む

肌を拡大してみると角栓(モサ)発見!

最近、知り合いのカメラ、いや、スマホに病みつきです。 だって写真の画質がいいんだもん。 はっ

記事を読む

肌断食初期のニキビ

肌断食をイキナリ始めて、ニキビが悪化した、乾燥した、肌荒れが悪化したという人もいらっしゃいます。

記事を読む

夏の肌荒れ注意報

突然ですが、夏は肌荒れの季節です。 それを言ってしまえば、寒い冬も肌荒れの季節じゃないか!

記事を読む

no image

肌断食の産毛そり

今日はお風呂で産毛そりをしました。 せっかく新年を迎えるのだからサッパリして過ごしたいので肌もさっ

記事を読む

水洗顔初期:石けんを適度に使う

石けんを適度に使いながら湯シャンや水洗顔を実践している方がいらっしゃいます。 その方は、化粧品

記事を読む

no image

水洗顔は手ぬぐいを使ってもOK?

水洗顔と肌断食は、普段からたくさん化粧品をお使いの方は最初が大変だと思います。 しかし慣れると本当

記事を読む

肌のザラザラ、角栓対策どうする?

水洗顔や角質培養を始めると、肌がザラザラしてくることがあります。 鏡でよく見てみると、白い小さなブ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われが

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、

乾燥の季節でも40代でも肌がスベスベな理由

真冬・・・乾燥の季節なのに、肌はしっとりうるおっています。 かといっ

40歳:湯シャンと肌断食6年以上

40歳になりました。この時点で湯シャンと肌断食6年以上。 6年

シミを消す近道は?

湯シャンと肌断食を始めると、ニキビや赤みなどの肌荒れは短期間で改善され

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑