*

肌に好転反応はない?!

公開日: : 最終更新日:2015/01/07 手荒れ

非接触生活では「肌に好転反応はない」とされています。

湯シャン、水洗顔、肌断食を始めて、ニキビなどの異常や角栓が発生する場合は、他に何らかの刺激があるとされています。

しかし肌断食を始められて、ニキビや角栓がひどくなった?
肌が乾燥しちゃった?など感じられる人も多いはず。

それは、このような理由が考えられます。
1.これまでに基礎化粧品を使って誤魔化していた肌が明るみになってしまったこと。
2.これまでに洗顔フォームや角質クリアゲルなどでしっかり洗いすぎて角質を取りすぎてしまい機能性の低い肌になってしまった。
3.これまでクリームやゲルなどで肌の感触を誤魔化していた。
4.これまでの洗いすぎ(つまり皮脂の取り過ぎ)が災いし、皮脂腺が肥大化→皮脂が異常に分泌。

これまで、これまでとしつこすぎでしょうか。
つまりこれまで化粧品に頼りすぎていた肌が、肌本来の機能が低下したり狂ったりしているのです。
このような場合は、これまでのスキンケアで狂ってしまった肌の環境を整えることから始まります。

少し時間がかかり、まじめに非接触生活をしていても心が折れそうになることもあるかもしれません。

しかし、肌には肌本来の機能を回復する力が備わっています。
自分の肌の力を信じてみましょう。

しばらく続けていれば、肌断食、水洗顔の環境に徐々に慣れていくはず。

私も始めたばかりの頃は皮脂が気になって仕方ありませんでした。
こんなので本当に毛穴よくなるの?!って疑心暗鬼でした。

しかし、4ヶ月か、6ヶ月か続けた頃でしょうか。
家族から、毛穴のボチボチがなくなったねと言われるようになりました。
また、職場の人からきれいになったねと言われました。

肌断食は、接触を避けながら半年も続けていれば、何らかの変化があります。
日々の変化を楽しみながら実践できるといいですね!



関連記事

no image

洗濯洗剤はトップクリアリキッド派?純石けん派

宇津木先生の「化粧品を使わず美肌になる!」を読んでいると洗濯石鹸のところも出てきます。 宇津木

記事を読む

冬の手荒れ対策

寒い時期、食器洗いなどで冷たい水を使うと震え上がります。 寒くなると、食器洗いで手荒れがよく起

記事を読む

no image

肌のカサつき対策はワセリンだけではない

手荒れや肌のカサカサは、ワセリンをつけて角質をつなげて凌ぐのが鉄則。 なぜなら、ワセリンは、肌

記事を読む

手の乾燥、ささくれなどの手荒れ対策

手が乾燥したり、ささくれたりする手荒れの原因は様々です。 寒い季節は湯を使う機会が増えて皮脂が

記事を読む

手がきれいな人のハンドケア

世の中には手タレ、いわゆる手のモデルをされている方もいらっしゃいます。 そのような方々は言うまでも

記事を読む

no image

除菌スプレー、天然のものなら大丈夫?

市場に出回っている除菌・殺菌スプレー、除菌洗剤の大半は合成界面活性剤がベースとなっているもの。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

湯シャンと肌断食6年経過時点

湯シャンと肌断食6年が経過しました。 ここまで長く続けられた美容法は

湯シャン実践者の白髪染め

湯シャンを実践されている方の中には白髪が気になるという方もいらっしゃる

湯シャンの温度と頻度

湯シャンの温度と頻度は、季節や髪・頭皮の状態によって異なります。

レモンやキュウリのパックは肌にいい?

レモンのパックやきゅうりのパックが一昔前に流行ったことがあります。

思春期ニキビと大人ニキビのちがい

思春期ニキビと大人ニキビの違いなんて表題をつけましたが、基本的な原因は

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑