*

生理でわかる古血チェック

公開日: : 最終更新日:2015/08/18 健康

美肌には体調の管理も重要です。

体調の不良もストレスとなり、肌のバリア機能を低下させてしまいます。

本日は生理で古い血が体に滞っているかどうかをお話します。
冷えやストレスなどで、血流が悪くなり古い血が滞っていると、体調もイマイチ。
疲れやすくなったり、だるくなったりします。
また、顔がくすむということも。

皆さまは生理中このようなことがありませんか?

・レバー状の血の塊がある
・生理痛がキツイ
・血がドロドロして黒っぽい
・生理前に肌がくすむ

どれか1つでも当てはまると古血の可能性大。

古血は疲労やストレス、冷えなどから血が滞って起こります。

対処法として、

・疲れをためこまず、早めに休むこと(休息)
・体を温めて血の巡りをよくすること
(ミニスカートや首があいた服などの衣類に注意!)
・運動不足に注意(運動)
・体を温める食事や飲み物
(体にいいと言われている緑茶も実は体を冷やします。
茶色い色の発酵茶がよいでしょう。
また野菜もなるべく温野菜にして取りましょう)

私も以前はキツイ生理痛に悩み、血の塊も多かったものです。
それが現在は生理痛はあるものの、以前ほど辛くありません。
血の塊がなくなり、血の色もドス黒かったのが鮮やかな赤色に変わってきました。
明らかに体調も違ってきたのです。

その要因は、
・自宅で仕事をするようになりストレスが減ったこと
・食事が味噌汁など体を温める食事が多くなったこと
・朝コップ一杯の湯をのむようになったこと

生活習慣が変わると自然と体も変わるようです。

参考文献:

この本で生理の特徴別体調・体質チェックができます。

なお、朝コップ一杯の水はいいと聞きますが、実は私、なぜいいか知らずにやっていたものです。
(私としては朝起きてノド乾いたから、時間があるからという理由でした)
また朝コップ一杯の水についての記事を書こうと思います。



関連記事

かかとのひび割れ、どうケアする?

寒い日が続きますね。 底冷えがしますね。 こんな季節に発生しがちなのが「かかとのひび割れ」。

記事を読む

寒暖差アレルギーに注意!

10月に入って鼻づまりが悪化してしまいました。 年中鼻水に悩まされていますが、ここ何日かは症状がひ

記事を読む

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、顔にもたるみが出てきます。

記事を読む

赤ら顔、ほてり(ホットフラッシュ)の原因と対策

のぼせ・ほてりは昨今ではホットフラッシュとも呼ばれ、多くの人が赤ら顔に悩まされています。 また

記事を読む

こんなにある!納豆の美肌効果

2ヶ月くらい前から晩ご飯に納豆を食べています。 週に4~5日は食べています。 食べる時は大体

記事を読む

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさん食べると肌が黄色くなります。

記事を読む

口唇ヘルペス・口角炎体験談

体調を崩したり、睡眠不足になるとよく口唇ヘルペスや口角炎が出てきます。 今年は口角炎も出ないし

記事を読む

赤ら顔の原因は冷えのぼせ

手足など末端だけ冷えているのに赤ら顔になる「冷えのぼせ」という症状があります。 「冷えのぼせ」

記事を読む

冷え対策で肌荒れを予防

2月半ばになりましたね。 寒い時期もあともう一息かな。 3月になったら暖かくなるといいですね!

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

赤身の肉で肌にハリと潤いを

非接触皮膚科学のメールマガジン「第563号 年のせい?『シミ、しわ、た

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われが

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑