*

何もつけない美肌術

公開日: : 肌荒れ

10月10日、非接触皮膚科学で有名な牛田先生が、「何もつけない美肌術」という本を出されました。

日頃から湯シャン、水洗顔、肌断食を実践している私は、前日の9日に注文。
発売日の10日には手元に届いていました。

早速、本日読んでみたところ・・・

なんだか、今までより非接触生活が親しみのあるもののように感じられました。

というのも、この本、図や漫画が多く分かりやすいだけでなく、その漫画の牛田先生のキャラクターが面白く、可愛らしいものだったのです。
そう!そうなの!と思いながら読み進め、牛田先生が熱心に説明する所など思わずクスっと笑っちゃいました。

非接触皮膚科学のサイトは、シンプルだけど、なんとなく専門臭が漂いちょっとお固い感じ。
色合いからしても「化学」「医療」「研究」というイメージが強い。
(でもでも!内容はとっても素晴らしいんですよ!)
しかし、この本を読んで、非接触皮膚科学のイメージがより馴染み深いものになった感じがします。

この「何もつけない美肌術」。
肌荒れを改善するために必要なことがギュッと詰まっています。
非接触皮膚科学のサイトは膨大な量のページですが、この本にはその多くの情報の中で特に大切なこと、健康な肌を保つのに必要なことが書かれていて、手元に置いておきたいハンドブック的存在でもあります。

宇津木式より非接触よりの私には、「へ?」と思う点もなく、するっと入り込みました。

そして今までの化粧品や泡を使わない生活の「初心」に戻れた感じです。

さあ、今夜はいつもより念入りにブラッシングして湯シャンしてみようかな。
間接接触にも気をつけていきたいと思いました。


もち肌イブのイチオシ書籍。
肌荒れで悩む人全員に読んで頂きたい本です。



関連記事

no image

除菌スプレー、天然のものなら大丈夫?

市場に出回っている除菌・殺菌スプレー、除菌洗剤の大半は合成界面活性剤がベースとなっているもの。

記事を読む

no image

意外と知られていない顔を触らないことの重要性

先日、また仲良しグループで集まりました。 グループの中で、美容の話になりました。 私はベ

記事を読む

トレチノイン・ハイドロキノン失敗談

湯シャン・水洗顔・肌断食を始める2年位前に、トレチノインとハイドロキノンというものを試したことがあり

記事を読む

水洗顔で毛穴の黒ずみをケア

洗顔料やクレンジングオイルは洗浄力が強すぎて、必要以上に皮脂を取ってしまいます。 必要以上に皮

記事を読む

肌が乾燥する原因と対策

大分暖かくなってきましたね。 桜も咲き始め、春を感じております。 ところで春になると肌が乾燥

記事を読む

きれいになりたいなら

きれいになりたい! 肌荒れを改善したい! 多くの方がそう思いながら生活しています。 しかし

記事を読む

ニキビと顔の湿疹:原因とケア

ニキビだと思っていたら顔の湿疹だったというケースがあります。 そしてニキビと湿疹が混合している場合

記事を読む

美肌になりたいなら肌を触らないことが大切

私は、肌をこすらない、触らないを徹底しております。 水洗顔は水圧の弱いシャワーを使い、手で顔に

記事を読む

出張や旅行先での肌荒れに注意!

このところ、東京に出張していました。 出張ではもちろん、ホテルに泊まりです。 しかも上司と同

記事を読む

no image

酒さ?!

私は「非接触皮膚科学」のメルマガを読むのが大好きです。 最近の号である第382号 原因不明?『

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

塩洗顔は肌にいい?その効果は?

思春期に塩がいいと聞いて行った塩洗顔。 しかし肌がいたんでいる自分に

顔の汗は肌荒れの原因になる?!

暑いですね~。 今年は特にうだるような暑さ。 この季節は、外出

ヘアケア剤が肌荒れの原因に

肌荒れの原因として意外と知られていないのが、シャンプー、リンス、トリー

肌断食実践者の紫外線対策

日焼け止めが肌に負担となり、ダメージを与えることはよく知られています。

肌断食で肌が改善しないのはメイクが原因?

BBクリームやコンシーラなどカバー力のあるメイクが人気を博しています。

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑