*

赤ら顔の原因は冷えのぼせ

公開日: : 最終更新日:2018/05/23 肌の赤み, 健康

手足など末端だけ冷えているのに赤ら顔になる「冷えのぼせ」という症状があります。

「冷えのぼせ」は顔や上半身は温かいのに、下半身は寒いといった状態。
顔だけくすみ、顔だけ赤黒い人は冷えのぼせの可能性があります。

冷えのぼせは、血が首から上に集中しそこに滞るので、手足など末端に血が巡らずに冷えてしまいます。
顔が熱を帯びて赤黒くなります。
これを血の滞り、また、滞って古くなった血をお血といいます。
理想的な体の状態は、「頭寒足熱」といい、頭は涼しく、足は温かい状態。

つまり、冷えのぼせは体のバランスが逆になってしまった状態なのです。
冷えのぼせの状態だと、顔に血が滞っているのでくすんで見えます。
また、刺激物による炎症にも敏感となり、痒み、ピリピリ感、カサつきなどの肌荒れも出やすくなります。

冷えのぼせの原因

前述のように、冷えのぼせが続くと首から上に血がのぼって赤ら顔の原因となります。
なぜこのようなことになるかというと・・・

・緊張が続く状況、ストレス、自律神経失調症
・パソコンなど同じ姿勢で仕事をする。
・仕事などで集中しすぎて首から上に血が上る
・運動不足
・寒い時期でも冷える食べ物を好んで食べる。
などなどです。現代人にありがちですね。

仕事など真面目に頑張りすぎるのも赤ら顔の原因になりますので、適度な休憩・休息を取るように心がけましょう。

冷えのぼせの改善法

・入浴で体を温める。
湯船で温もります。
長湯は「のぼせてしまう」ので逆効果。
38~40℃くらいなら10分程度でもしっかり温もれます。

・お茶や白湯、ハーブティーなどを飲む時に生姜を少量入れる

・適度な運動をする(ウォーキング、踏み台昇降など)

・足を冷やさないよう気をつける(早めに靴下を履きましょう)

・慢性的で治りにくい場合は漢方薬で体調を整えるのも1つの手

冷えのぼせをそのままにしておくと、皮膚だけでなく、不眠などにより体調を崩しがちになるので早めに対処したいものです。

体質から改善する必要がある場合

胴体の肌色が明るくても、顔色だけ赤黒い赤ら顔。
こんな症状は、お血の可能性が高い。
赤ら顔は、首から上に滞ってしまった血をおろすのに血の巡りをよくする必要があります。
食事は温かいものを食べ、定期的な運動が必要ですが、赤ら顔は慢性化すると改善しにくい場合もあります。

そこで漢方薬が用いられます。
比較的体力がある人で、お血、冷えのぼせ、赤ら顔などの症状がある人には、桂枝茯苓丸がよく用いられます。
冷えのぼせでも虚弱体質で、イライラ、不安、不眠などの症状がある場合は、加味逍遙散などがよく用いられます。

漢方にもいろいろな種類があり、自分に合うものを選ぶ必要があるので、漢方薬局にて相談された上で使われるとよいでしょう。
大体の見当をつけたい方は、こちらのサイトが参考になります。

また、漢方はホルモンバランスを整えるので、ピルでニキビが改善するタイプの人でピルが使えなくなってしまった場合にも重宝します。



関連記事

アロエ水、ヘチマ水は効果ある?

ニキビや赤みで悩んでいる方や、なかなか炎症が取れない方がまず検討するのがアロエ水やヘチマ水。

記事を読む

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、顔にもたるみが出てきます。

記事を読む

のぼせ、うっ血、顔が赤黒い

顔の赤みは、スキンケアのしすぎが原因の場合が多い。 しかし、体質によって、顔に赤みがさすケースもよ

記事を読む

肌に赤みが出たときは

何でもないのに肌に赤みが出ることはありませんか? もしくは触っただけで赤みが出ることはありませ

記事を読む

保湿は天然オイルよりもワセリンを

マイルドな洗い心地で、洗浄力が低い洗顔料やクレンジング剤が流行しています。 つまり保湿機能のある洗

記事を読む

no image

生理でわかる古血チェック

美肌には体調の管理も重要です。 体調の不良もストレスとなり、肌のバリア機能を低下させてしまいま

記事を読む

乾燥の季節でも40代でも肌がスベスベな理由

真冬・・・乾燥の季節なのに、肌はしっとりうるおっています。 かといってベタつくわけでもなくサラサラ

記事を読む

口唇ヘルペス・口角炎体験談

体調を崩したり、睡眠不足になるとよく口唇ヘルペスや口角炎が出てきます。 今年は口角炎も出ないし

記事を読む

no image

酒さ?!

私は「非接触皮膚科学」のメルマガを読むのが大好きです。 最近の号である第382号 原因不明?『

記事を読む

冷え対策で肌荒れを予防

2月半ばになりましたね。 寒い時期もあともう一息かな。 3月になったら暖かくなるといいですね!

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

赤身の肉で肌にハリと潤いを

非接触皮膚科学のメールマガジン「第563号 年のせい?『シミ、しわ、た

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われが

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑