*

長湯による肌トラブル注意!

水洗顔や肌断食はじめに見舞われる角栓。
そして湯シャンのフケ対策。

湯船に浸かってふやかして落とすと取れやすい。
さらに入浴は血行を促進し冷えの改善、リラックス効果にも繋がります。

しかし、長湯をしすぎてのぼせたり、疲れてしまったりするケースがよく見られます。

長湯でのぼせたり、疲れたりすると、それがストレスとなり、肌のバリア機能が落ちてしまいます。
肌のバリア機能が落ちただけでは肌トラブルには発展しません。
しかし肌に刺激物が触れると、普段は平気でも、乾燥や赤み、湿疹などの肌荒れが生じる場合があります。
風呂場に石けんやシャンプー、お風呂の洗剤など置いてある場合は特に気をつけましょう。

湯船につかる場合は、10分程度が目安
それ以上入ってもよいのは、気持ちいいと感じている時だけ。
それも1時間、2時間などと入っていると皮脂が取られ、あがった直後にカサつくことがあります。
(ただ、この場合は時間がたてば元に戻ります)
もういいやと思えば、あがってしまいましょう。

また、入浴の時に塩やアロマオイル、入浴剤など入れられる方がいらっしゃいますが、肌荒れしやすい人は刺激を回避するためにもできるだけ湯だけの入浴にしましょう。

温度はのぼせるくらいの温度ではなく、あ、ちょっと温かいなというくらいがよいでしょう。
自分に適している温度を探してみましょう。
また、季節によっても調整されるとよいでしょう。
夏場はぬるま湯、冬は温かめの湯と差があってもOK。



関連記事

風邪を予防することは肌の乾燥も防ぐ

今年の冬は、風邪をひきません。 しかし職場の人は、多くがひいています。 なので、咳、くし

記事を読む

湯シャン・肌断食5年以上39歳の状態

湯シャン、水洗顔を含む肌断食を実践して5年以上。 とうとう先日、39歳になりました。 後1年

記事を読む

no image

水洗顔・肌断食を始めた頃のかゆみ

湯シャン・水洗顔・肌断食を始めたばかりの頃は、 肌がまだ傷んでいるので、痒みがある場合が多いかと思

記事を読む

ぐっすり眠って肌を改善しよう

肌荒れ改善もアンチエイジングも、睡眠は避けては通れません。 今日は、睡眠が肌に及ぼす影響と、不眠症

記事を読む

非接触生活挫折の理由

こんなタイトルで始まりましたが、私が非接触生活をやめたわけではありません。 今日は非接触生活挫折者

記事を読む

no image

湯シャン・水洗顔にクレイやガスールはセーフ?!

湯シャンや水洗顔でクレイやガスールを使われる方もいらっしゃいます。 特に湯シャン初期では、クレ

記事を読む

no image

ペットにも湯シャン?湯洗体?

友達の家の犬が皮膚が弱くて、よく掻いて血を出しています。 時々湿疹ができています。痛々しくて可哀想

記事を読む

就寝時間・睡眠の質によって体調がちがう

昨夜は夜遅く(21時頃)まで窓を開けていました。 夜風が気持ちいいので、薄暗い明かりの下リラックス

記事を読む

水洗顔実践者のための顔剃り・シェービング法

水洗顔を実践していて気になるものの1つはシェービングの方法。 男性の方など、毎日にようにひげ剃

記事を読む

肌荒れを改善するには便秘対策も

ニキビや乾燥などの肌荒れを予防改善するには、腸を整えることが必須であります。 特に、宿便がたま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

湯シャンの温度と頻度

湯シャンの温度と頻度は、季節や髪・頭皮の状態によって異なります。

レモンやキュウリのパックは肌にいい?

レモンのパックやきゅうりのパックが一昔前に流行ったことがあります。

思春期ニキビと大人ニキビのちがい

思春期ニキビと大人ニキビの違いなんて表題をつけましたが、基本的な原因は

肌断食の挫折防止に役立つグッズを発見!

このところ、多くのメーカーさんが肌断食や湯シャンに着目中。 シンプル

湯シャンと肌断食もうすぐ6年

湯シャンと肌断食、今年の10月が来たら6年になります。 さらに今から

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑