*

毛穴吸引器体験談

公開日: : 肌の赤み, 美の雑談

マッサージローラー、かっさプレート、毛穴吸引器、スチーマー、いろいろと美顔器具が売られています。

それぞれ、特徴があり、見ていても面白いものがありますね。

しかしその中でも忘れもしない凄まじい思い出があります。

あれは3~4年くらい前でしょうか。
毛穴吸引器というものを前職の社長から与えられました。


↑こういう感じのものです。

初めて見るものに、私はワクワク♪
毛穴吸引器というものを使ったことがないので好奇心でいっぱいです。

いざ!お風呂の中で使ってみると・・・

おおっ!吸い付く!吸い付く!肌に吸い付きます!

で、毛穴の中の汚れが吸引できたかというと・・・
あれ?!これっぽっち?!
吸引されていたのはふやけてしまった角栓でした。

そしてお風呂あがりに自分の顔を見てみると・・・

うぎゃ~!なんだ!この顔は!!!
(見られた顔じゃありませんでした)

見ると、所々赤みや紫(内出血かな)を帯びて腫れている自分の顔を見たのでした。

そういえば、吸引したまま顔の上を移動したのがマズかったかな^^;
あ、私、そもそもエステの吸引でも顔、赤くなってたっけ。

まぁ、いいや。
明日になればひいているハズ。

が!次の日になってもひかず^^;
出社して早々、社長にビックリされるのでありました。
(よくあんな状態で出勤できたと振り返る)

そして、赤みがひいた頃、懲りずにもう一度、毛穴吸引器を使ってみました。
今度は肌の1つの部分を吸引したまま滑らせて移動しないようにしました。
すると今度は赤くなりませんでした。

相変わらず、取れたのはふやけた角栓だけで、毛穴には何ら変化なし。

そして社長に報告しました。
吸引したまま顔の上を移動せず、一箇所ずつ吸引すれば赤くなりませんでしたと。

すると社長は驚きました。

なんとまぁ、この子は懲りない子だねぇ。
1回ああいう目にあったら普通だったら使わないだろ。
チャレンジ精神に乾杯。

そして毛穴吸引器の使い方が分かって満足してしまったので、その後毛穴吸引器は使うことなく、押入れに封印されたのでした^^

今となっては笑い話ですが、皆さまも毛穴吸引器にはご注意を。



関連記事

肌荒れ、赤みが治らない原因は顔を触るクセ

肌荒れや赤みの大きな原因のひとつは「顔を触る」ことであります。 せっかく湯シャンや肌断食で肌へ

記事を読む

接触性皮膚炎:手で触ると肌荒れ

接触性皮膚炎や酒さは、手で触っただけで荒れてしまう場合があります。 手に刺激物がついているのも

記事を読む

のぼせ、うっ血、顔が赤黒い

顔の赤みは、スキンケアのしすぎが原因の場合が多い。 しかし、体質によって、顔に赤みがさすケースもよ

記事を読む

保湿は天然オイルよりもワセリンを

マイルドな洗い心地で、洗浄力が低い洗顔料やクレンジング剤が流行しています。 つまり保湿機能のある洗

記事を読む

ストレスや不眠の肌荒れ対策

肌荒れの対策には、休養、栄養、運動が必要。 しかし、現代のストレス社会では、交感神経と副交感神

記事を読む

かかとのひび割れ、どうケアする?

寒い日が続きますね。 底冷えがしますね。 こんな季節に発生しがちなのが「かかとのひび割れ」。

記事を読む

乾燥の季節でも40代でも肌がスベスベな理由

真冬・・・乾燥の季節なのに、肌はしっとりうるおっています。 かといってベタつくわけでもなくサラサラ

記事を読む

no image

顔のピリピリ、痒みの原因のひとつ

顔がチクチク、ピリピリ、そして炎症。 炎症からプクッと腫れたり、ニキビまたは湿疹に進化。 そ

記事を読む

汗は肌荒れの原因?

暑いですね。 道を歩いていたら、顔に汗がダラダラ。 汗が出たら顔に痒みやピリピリ感が。 こんな

記事を読む

冷却美容を実践していると

最近は冷却美容にハマり状態。 夜は暇さえあれば保冷剤で冷却。 それが冷却美容を始めてから、ど

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

赤身の肉で肌にハリと潤いを

非接触皮膚科学のメールマガジン「第563号 年のせい?『シミ、しわ、た

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われが

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑