*

馬油、ホホバ油、肌荒れの心配は?

公開日: : ニキビ対策, 肌荒れ

よく髪に馬油やホホバ油をお使いの方がいらっしゃいます。
湯シャンや水洗顔愛好家の方の中にもお使いの方がいらっしゃるかと思います。

馬油やホホバ油は、自然のものでよいのではないかと思いがちですが、人によっては、または使い方によっては、肌荒れを起こしてしまう場合があります。

特にオイルを顔に使ったり、大量に使うと要注意

馬油やホホバ油は髪の毛をしなやかにし、ツヤを出すのによいのですが、それをすすぐ時にたくさん顔に落ちてくると肌に影響する場合があります。

ニキビ体質の私はオイルに大きく反応します。
テカリます。ベタつきます。最悪、ニキビが出ます。
髪や頭皮に使うのならまだしも、オイルパックやオイルクレンジングなどすると2週間は荒れています。

馬油やホホバ油自体には肌への害はほぼないに等しいのですが、馬油やホホバ油が大量に肌に付着すると、肌が潤う機能を阻害したり、逆に皮脂を取りすぎてしまう場合もあります。

そうはいっても、馬油やホホバ油、まったく役立たずという訳ではありません。

長い髪の毛の毛先につけたり、つげ櫛や獣毛ブラシでブラッシングする時に少量を使うと髪にツヤが出てきれいに見えます。

さらにカラーをする時にも大活躍。
予めオイルで頭皮を保護してからカラーをすると、頭皮へのダメージを大分減らすことができます。
流すときはなるべく顔にかからないようにしたいものです。



関連記事

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われがちですが、実は冬に肌がカサつく

記事を読む

毛穴を完全に見えなくしたい

こんな質問がありました。 湯シャン、水洗顔、肌断食で、毛穴を完全に見えなくできますか?

記事を読む

ストレスや不眠の肌荒れ対策

肌荒れの対策には、休養、栄養、運動が必要。 しかし、現代のストレス社会では、交感神経と副交感神

記事を読む

ストレスの影響と肌荒れ

肌荒れの大きな原因はスキンケアのしすぎですが、それと同じくらい肌にダメージを与えるものがあります。

記事を読む

no image

冷えのぼせ体質は足元を温めよう

う~寒い!寒い! 自宅で作業をしていても、足元が冷えます。 は!寒いと思った時点でストレ

記事を読む

唇のカサつきはワセリンを

湯シャン、水洗顔、肌断食で肌が改善した。 でも、唇のカサつきがなかなか改善しない。 もしくは、唇

記事を読む

no image

運動をすると肌にも変化が

昨日で踏み台昇降も9日目。 毎日30分は踏み台昇降しているので、ズボラな私にしてはよく続いている方

記事を読む

保湿は天然オイルよりもワセリンを

マイルドな洗い心地で、洗浄力が低い洗顔料やクレンジング剤が流行しています。 つまり保湿機能のある洗

記事を読む

接触性皮膚炎:手で触ると肌荒れ

接触性皮膚炎や酒さは、手で触っただけで荒れてしまう場合があります。 手に刺激物がついているのも

記事を読む

非接触とASVCで肌荒れ(ニキビ等)から復活!

今週の水曜日は、かなり慌ただしい1日で、会社に泊まり込みとなりました。 グッタリと疲れ、翌日の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日焼け?のぼせ?夏に顔が赤黒くなる原因と対策

毎日、暑い日が続きますね。 太陽がカンカン。紫外線もガンガン。

肌断食実践者の紫外線対策

肌荒れを改善したり、美肌を保とうと思えば、基本的に日焼け止めはNG。

赤身の肉で肌にハリと潤いを

非接触皮膚科学のメールマガジン「第563号 年のせい?『シミ、しわ、た

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑