*

男性の肌の悩み:ひげ剃りに注意!

公開日: : 最終更新日:2017/11/12 肌荒れ, 肌の赤み

男性はいいな~。
化粧しなくてもいいんだから手間いらずだよね。
いつでもどこでも水洗顔できて、さぞかし実践しやすいだろうな~。

いえいえ、とんでもございません。

実は男性は男性で肌の悩みがあるのです。

まずは朝のひげ剃り

男性はシェーバーやカミソリを使って毎日のごとくひげ剃りをします。
その時に表面の角質の多くが剥がれてしまい、肌をいためたり、肌の防御力が低下してしまうことがあります。
よくカミソリ負けなどと言われ、ピリピリしたり赤みが出たりすることがあります。
また、その後特に何もなくてもニキビができたり、ベタついたり。
アゴや口元に肌荒れが多い男性は要注意です。

かと言って、ひげ剃りはビジネスマンの男性にとって必要なこと。

なので、肌をいためない方法でひげを剃りましょう。
女性のうぶ毛剃りも同じことが言えます。

1.まず小麦粉シャンプーをたっぷりと肌にのせ、肌表面を傷つけないようにクッションを作ります。
シェービングフォームは敏感肌な方、肌荒れしやすい方にとっては刺激となり、赤みやニキビ、湿疹の元となる場合がありますのでお気をつけ下さい。

2.電気シェーバー、もしくは肌をいためないような剃刀でひげを剃りましょう。
最近の電気シェーバーは高機能なようです。
※小麦粉シャンプーを使う場合は水洗い可能なシェーバーであることが必要です。

3.剃り終わったら、しっかりと顔をすすぎましょう。

4.タオルで拭くときは、柔らかいタオルでフワッフワッと押さえるようにして水気を取りましょう。
※ただし、タオルに柔軟剤はNG。

小麦粉シャンプーはお家で手軽に作れますし、既成品も売られています。
小麦粉シャンプーについてはエコ肌生活記の顔と体の重要ポイントの下部をご覧ください。
忘れておりましたが、日常的に顔を触らないことも重要です。

男性も紫外線対策を

女性と同じように、男性も紫外線対策が必要です。

最近は男性用の日傘も出回っており、それを活用するとよいでしょう。
当然ですが、なるべく陰を歩くように心がけましょう。

また、日中、陽がガンガン当たる仕事をされておられる方は、帽子を着用するとよいでしょう。
日焼けはしますが、肌が健康的ならシミの心配はありません。

日焼け止めは返って肌に負担となりますので、できるだけ控えましょう。



関連記事

保湿は天然オイルよりもワセリンを

マイルドな洗い心地で、洗浄力が低い洗顔料やクレンジング剤が流行しています。 つまり保湿機能のある洗

記事を読む

ニキビケアは洗顔以外にも重要なことが

すでにできてしまったニキビは、まず悪化させないことが大切です。 ニキビが大きくなるとその付近の

記事を読む

no image

頬に赤みが出てきました

髪が頬に触れたりしたせいか、少し赤みが出てきました。 小さなブツも1つ。これは気になって触ったのも

記事を読む

春の乾燥肌対策

皆さま、お元気ですか? 前回の更新からちょっと時間がたっちゃいました。 春ですね!4月ですね

記事を読む

唇のカサつきはワセリンを

湯シャン、水洗顔、肌断食で肌が改善した。 でも、唇のカサつきがなかなか改善しない。 もしくは、唇

記事を読む

接触性皮膚炎:手で触ると肌荒れ

接触性皮膚炎や酒さは、手で触っただけで荒れてしまう場合があります。 手に刺激物がついているのも

記事を読む

顔の汗は肌荒れの原因になる?!

暑いですね~。 今年は特にうだるような暑さ。 この季節は、外出すると顔に汗をかくことが多いか

記事を読む

no image

酒さ?!

私は「非接触皮膚科学」のメルマガを読むのが大好きです。 最近の号である第382号 原因不明?『

記事を読む

顔にシミができやすい原因

皆さまは不思議に思いませんか? 体にはあまりシミがないのに、顔はよくシミができる。 こんな人

記事を読む

口周りのニキビ・乾燥の原因

口の周りが乾燥する方が結構いらっしゃいます。 また、口周りにニキビが出る場合もあります。 私

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

塩洗顔は肌にいい?その効果は?

思春期に塩がいいと聞いて行った塩洗顔。 しかし肌がいたんでいる自分に

顔の汗は肌荒れの原因になる?!

暑いですね~。 今年は特にうだるような暑さ。 この季節は、外出

ヘアケア剤が肌荒れの原因に

肌荒れの原因として意外と知られていないのが、シャンプー、リンス、トリー

肌断食実践者の紫外線対策

日焼け止めが肌に負担となり、ダメージを与えることはよく知られています。

肌断食で肌が改善しないのはメイクが原因?

BBクリームやコンシーラなどカバー力のあるメイクが人気を博しています。

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑