*

男性の肌の悩み:ひげ剃りに注意!

公開日: : 最終更新日:2017/11/12 肌荒れ, 肌の赤み

男性はいいな~。
化粧しなくてもいいんだから手間いらずだよね。
いつでもどこでも水洗顔できて、さぞかし実践しやすいだろうな~。

いえいえ、とんでもございません。

実は男性は男性で肌の悩みがあるのです。

まずは朝のひげ剃り

男性はシェーバーやカミソリを使って毎日のごとくひげ剃りをします。
その時に表面の角質の多くが剥がれてしまい、肌をいためたり、肌の防御力が低下してしまうことがあります。
よくカミソリ負けなどと言われ、ピリピリしたり赤みが出たりすることがあります。
また、その後特に何もなくてもニキビができたり、ベタついたり。
アゴや口元に肌荒れが多い男性は要注意です。

かと言って、ひげ剃りはビジネスマンの男性にとって必要なこと。

なので、肌をいためない方法でひげを剃りましょう。
女性のうぶ毛剃りも同じことが言えます。

1.まず小麦粉シャンプーをたっぷりと肌にのせ、肌表面を傷つけないようにクッションを作ります。
シェービングフォームは敏感肌な方、肌荒れしやすい方にとっては刺激となり、赤みやニキビ、湿疹の元となる場合がありますのでお気をつけ下さい。

2.電気シェーバー、もしくは肌をいためないような剃刀でひげを剃りましょう。
最近の電気シェーバーは高機能なようです。
※小麦粉シャンプーを使う場合は水洗い可能なシェーバーであることが必要です。

3.剃り終わったら、しっかりと顔をすすぎましょう。

4.タオルで拭くときは、柔らかいタオルでフワッフワッと押さえるようにして水気を取りましょう。
※ただし、タオルに柔軟剤はNG。

小麦粉シャンプーはお家で手軽に作れますし、既成品も売られています。
小麦粉シャンプーについてはエコ肌生活記の顔と体の重要ポイントの下部をご覧ください。
忘れておりましたが、日常的に顔を触らないことも重要です。

男性も紫外線対策を

女性と同じように、男性も紫外線対策が必要です。

最近は男性用の日傘も出回っており、それを活用するとよいでしょう。
当然ですが、なるべく陰を歩くように心がけましょう。

また、日中、陽がガンガン当たる仕事をされておられる方は、帽子を着用するとよいでしょう。
日焼けはしますが、肌が健康的ならシミの心配はありません。

日焼け止めは返って肌に負担となりますので、できるだけ控えましょう。



関連記事

肌荒れしやすい人はティッシュに注意!

昨日はうっかり鼻かみ用のハンカチを忘れて出勤してしまいました。 こういうときのために、カバンの中に

記事を読む

冬の肌荒れ対策

冬は大体に肌荒れしやすい時期であります。 かさつき、ブツ、赤みなど。 中でも肌の乾燥は、空気の乾

記事を読む

肌荒れ、赤みが治らない原因は顔を触るクセ

肌荒れや赤みの大きな原因のひとつは「顔を触る」ことであります。 せっかく湯シャンや肌断食で肌へ

記事を読む

非接触とASVCで肌荒れ(ニキビ等)から復活!

今週の水曜日は、かなり慌ただしい1日で、会社に泊まり込みとなりました。 グッタリと疲れ、翌日の

記事を読む

no image

冷えのぼせ体質は足元を温めよう

う~寒い!寒い! 自宅で作業をしていても、足元が冷えます。 は!寒いと思った時点でストレ

記事を読む

no image

冬の乾燥肌対策:カサついたらワセリン

冬の乾燥肌対策は、寒さによるストレスを防ぐために温かくして過ごすことが大切です。 なぜなら寒いとい

記事を読む

ニキビと間違えそうな症状:蕁麻疹

蕁麻疹が出てよくニキビと間違われるケースがあります。 蕁麻疹の原因は食べ物、ストレス、寒暖など様々

記事を読む

no image

肌のカサつき対策はワセリンだけではない

手荒れや肌のカサカサは、ワセリンをつけて角質をつなげて凌ぐのが鉄則。 なぜなら、ワセリンは、肌

記事を読む

ニキビと顔の湿疹:原因とケア

ニキビだと思っていたら顔の湿疹だったというケースがあります。 そしてニキビと湿疹が混合している場合

記事を読む

唇のカサつきはワセリンを

湯シャン、水洗顔、肌断食で肌が改善した。 でも、唇のカサつきがなかなか改善しない。 もしくは、唇

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

40歳:湯シャンと肌断食6年以上

40歳になりました。この時点で湯シャンと肌断食6年以上。 6年

シミを消す近道は?

湯シャンと肌断食を始めると、ニキビや赤みなどの肌荒れは短期間で改善され

肌が乾燥しやすい季節どう乗り越える?

11月ももう下旬。 街を歩くともうコートの人もいらっしゃいます。

白髪染め後のシャンプーどうする?

35歳を過ぎると白髪がチラホラ出てくる人が増えてきます。 なので、白

ストレスや不眠の肌荒れ対策

肌荒れの対策には、休養、栄養、運動が必要。 しかし、現代のストレ

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑