*

湯シャンは無理をしないのが重要

公開日: : 最終更新日:2017/11/12 湯シャン(湯だけの洗髪)

暑い日が続きますね。
こう暑いと汗で髪や頭皮もジットリ。

こんな日は思わずシャンプーしたくなっちゃいますが、私は湯シャン。

しかし、まだ頭皮の常在菌環境が整っていない場合、無理して完全湯シャンを続けるとニオイやベタつき等の症状が出る場合があります。
それだけならまだしも、マラセチア(癜風菌の異常繁殖)に見舞われてしまうこともあります。

毎日シャンプーを使っていれば、頭皮の常在菌が全滅しているのも無理はありません。
その常在菌が全滅して頭皮の環境が整っていないところに、いきなり湯シャンでは頭皮もビックリです。
シャンプーの界面活性剤やパラベンは除菌機能があり、いい菌も悪い菌も除菌です。
そのような無菌状態でいきなり完全湯シャンをするとトラブルが出ることも。
放置しておけば治まる場合が多いですが、それまでが大変です。

そんな時は徐々にシャンプーを減らしていきましょう。
1日に1回のシャンプーに慣れたら、2日に1回、2日に1回のシャンプーに慣れたら、3日に1回・・・と。
できれば、ごく少量を使うとよいでしょう。

また、米ぬか洗剤のとれるNo.1や小麦粉シャンプーを湯シャンの補助に使うのもオススメ。

湯シャンの日は、獣毛ブラシでの念入りなブラッシング、手ぬぐいを使って丁寧に洗髪するとよいでしょう。



関連記事

湯シャン実践者の白髪染め

湯シャンを実践されている方の中には白髪が気になるという方もいらっしゃると思います。 白髪の原因

記事を読む

湯シャンから髪質が改善するまで

最近、湯シャンに切り替えて、肌がよくなってきたとの報告をよく頂きます。 湯シャンに切り替えてか

記事を読む

湯シャン:ブラシにつく白い粉

湯シャンに獣毛ブラシはつきもの。 獣毛ブラシでブラッシングすることで、髪に付着した汚れ(埃など)を

記事を読む

湯シャンで髪と頭皮をきれいに洗う

湯シャンは、肌荒れの予防にとても役立つ美容法。 頭皮にもダメージを与えず、髪もしなやかになります。

記事を読む

no image

リンス・トリートメントは肌荒れ・頭皮荒れの元

リンスやトリートメント、スプレー、整髪料など、髪につけるもので肌荒れを起こす場合があります。

記事を読む

湯シャンのフケ対策

湯シャンに限ったことではないのですが、時々フケの多い人がいらっしゃいます。 部屋を歩くと白い粉がパ

記事を読む

湯シャン後、髪は乾かした方がいい?

冬は体が冷えやすいから、少しでも冷える要素を減らしたいところ。 湯シャン後の髪を乾かすのもその

記事を読む

無シャンではなく湯シャンを

頭皮や髪には余分な成分を使わない方がいい。 シャンプーやリンスなどの界面活性剤で頭皮や肌荒れを起こ

記事を読む

湯シャン後のリンス・トリートメントはNG?

日曜日、母がお風呂からあがってきました。 ああ、いい湯だった。 湯シャンだけだから、早いよ。

記事を読む

肌荒れ対策は湯シャンから

よいシャンプーなんてこの世にない。 それは、クマさん先生の言葉だった。 最初に聞いたとき

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われが

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、

乾燥の季節でも40代でも肌がスベスベな理由

真冬・・・乾燥の季節なのに、肌はしっとりうるおっています。 かといっ

40歳:湯シャンと肌断食6年以上

40歳になりました。この時点で湯シャンと肌断食6年以上。 6年

シミを消す近道は?

湯シャンと肌断食を始めると、ニキビや赤みなどの肌荒れは短期間で改善され

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑