*

肌断食と顔ツボを実践してみたら

公開日: : 最終更新日:2018/05/23 肌の記録, たるみ、ほうれい線

肌断食と言っても、スキンケアをしていないだけ。
水洗顔と言っても、石けんや洗顔フォームを使っていないだけ。

ただ、顔のたるみ対策で、顔ツボを取り入れてみただけ。

美容液、クリーム、乳液、化粧水など使わず。
それでも肌がカサつくような感じもありません。

久々に肌の調子を撮影。

20140712_center
正面向き。何ら肌トラブルもなく、快適な素肌です。
痒み、ピリピリ感はもちろんありません。
キメも整っている感じです。
出かけるときもすっぴんで、唇にワセリンをつける程度。
血色がイマイチの日やちょっとお洒落したい日は口紅をつけます。

20140712_left
長期にかかっていますが、頬のシミも大分ぼやけてきたような気がします。
でも何より肌トラブルがないのが嬉しい。

20140712_right
右の頬。肌トラブルもなく滑らか。
撮影の時、陰になってしまいました。

顔のたるみ対策として顔ツボを実践した結果、顔が引き締まってきたような気がします。
以前の写真はこちらですが、顔のたるみやほうれい線、口元の陰が大分違います。
当ブログでも肌の記録を載せておりますが、変化を実感しております。

顔のむくみと鼻づまりの関係

ツボ押しは特に、迎香、巨りょうあたりが、私は痛くなりやすいので、鼻づまり体質といえます。
なお、こういうツボ押しは湯船で温まっている時、手持ち無沙汰の時にちょっとできるのが嬉しい。
ツボの位置は以下の図を参考にして下さい。

迎香や巨りょうは、鼻が詰まっているときに通りやすくします。
鼻がつまると、顔もむくみやすくなり、全体的に顔がたるみやすくなるので、定期的にツボ押しして解消したいところです。
顔のむくみ・たるみを解消するには鼻づまりを改善する必要があります。

鼻づまりと顔のむくみで悩んでいる方は、実践してみるとよいでしょう。



関連記事

非接触とASVCで肌荒れ(ニキビ等)から復活!

今週の水曜日は、かなり慌ただしい1日で、会社に泊まり込みとなりました。 グッタリと疲れ、翌日の

記事を読む

宇津木式で顔の赤みを改善

このところ日常、水洗顔時ともに「触らない」「こすらない」を徹底中。 その甲斐あってか、汗が出て

記事を読む

no image

コマ切れ時間に顔ダンス♪たるみ、ほうれい線対策

表情筋運動は、たるみ、法令線、口角に効果的ですが、手間がかかると3日坊主になる人も多い。 風呂

記事を読む

肌断食経過:見た目は変わりませんが・・・

本日の肌断食経過報告です。 肌の見た目はほとんど変わらないのですが、 手触りが段々と滑らかになっ

記事を読む

no image

手作り踏み台で踏み台昇降

これまで分厚い本を積み重ねてから踏み台昇降をしていたのですが、本がずれてきて再々直しながら踏み台昇降

記事を読む

目の下のたるみの原因と対策

頻繁に目を酷使している人は目が疲れるだけでなく、目の下のたるみやしわができやすい傾向にあります。

記事を読む

水洗顔、湯シャン、肌断食2年と9ヶ月

エコ肌やもち肌で肌断食経過写真を載せていると、いろんな方からお便りがきます。 励まされる、参考にな

記事を読む

40歳:湯シャンと肌断食6年以上

40歳になりました。この時点で湯シャンと肌断食6年以上。 6年間、基礎化粧品などでスキンケア

記事を読む

no image

マリオネットラインは全身運動で改善が無難

皆さまは「マリオネットライン」という言葉をご存知でしょうか? 私も昨日初めて知ったのですが、ど

記事を読む

肌断食でシミは改善する?

肌断食でシミは改善しますか? という質問を頂くことがあります。 肌断食だけでは、シミの改善は

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

肌断食が成功しないケース

「お金をかけて手入れすれば、いつまでも美しく若々しくいられる」 そん

日焼け?のぼせ?夏に顔が赤黒くなる原因と対策

毎日、暑い日が続きますね。 太陽がカンカン。紫外線もガンガン。

肌断食実践者の紫外線対策

肌荒れを改善したり、美肌を保とうと思えば、基本的に日焼け止めはNG。

赤身の肉で肌にハリと潤いを

非接触皮膚科学のメールマガジン「第563号 年のせい?『シミ、しわ、た

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑