*

肌断食と顔ツボを実践してみたら

公開日: : 最終更新日:2018/05/23 肌の記録, たるみ、ほうれい線

肌断食と言っても、スキンケアをしていないだけ。
水洗顔と言っても、石けんや洗顔フォームを使っていないだけ。

ただ、顔のたるみ対策で、顔ツボを取り入れてみただけ。

美容液、クリーム、乳液、化粧水など使わず。
それでも肌がカサつくような感じもありません。

久々に肌の調子を撮影。

20140712_center
正面向き。何ら肌トラブルもなく、快適な素肌です。
痒み、ピリピリ感はもちろんありません。
キメも整っている感じです。
出かけるときもすっぴんで、唇にワセリンをつける程度。
血色がイマイチの日やちょっとお洒落したい日は口紅をつけます。

20140712_left
長期にかかっていますが、頬のシミも大分ぼやけてきたような気がします。
でも何より肌トラブルがないのが嬉しい。

20140712_right
右の頬。肌トラブルもなく滑らか。
撮影の時、陰になってしまいました。

顔のたるみ対策として顔ツボを実践した結果、顔が引き締まってきたような気がします。
以前の写真はこちらですが、顔のたるみやほうれい線、口元の陰が大分違います。
当ブログでも肌の記録を載せておりますが、変化を実感しております。

顔のむくみと鼻づまりの関係

ツボ押しは特に、迎香、巨りょうあたりが、私は痛くなりやすいので、鼻づまり体質といえます。
なお、こういうツボ押しは湯船で温まっている時、手持ち無沙汰の時にちょっとできるのが嬉しい。
ツボの位置は以下の図を参考にして下さい。

迎香や巨りょうは、鼻が詰まっているときに通りやすくします。
鼻がつまると、顔もむくみやすくなり、全体的に顔がたるみやすくなるので、定期的にツボ押しして解消したいところです。
顔のむくみ・たるみを解消するには鼻づまりを改善する必要があります。

鼻づまりと顔のむくみで悩んでいる方は、実践してみるとよいでしょう。



関連記事

毛穴のたるみの原因は自己流マッサージ

年齢とともに気になってくる毛穴のたるみ。 毛穴のたるみの原因は、老化による顔の筋肉の低下もあります

記事を読む

汚肌改善までを振り返る

私はこれまで汚肌遺伝子に再々絶望してきました。 小さい頃に母親の顔を見て、ああ、汚いなあと思ったこ

記事を読む

湯シャン、水洗顔の経過報告(3年以上)

先日、37歳になりました。 振り返って見ると、湯シャンや水洗顔も3年と2ヶ月。 基礎化粧品も

記事を読む

角質培養:角栓対策はお風呂でゆっくり温まる

6日間の外泊を終え、本日、帰宅しました。 いや~やっぱり自宅はいいですね~。 のんびりくつろいで

記事を読む

年齢のせいにすると余計に老ける

「肌のハリがないわ。年のせいね」 「年のせいか体力の減退を感じるわ」 「こんなところにたるみが。

記事を読む

春の乾燥肌対策

皆さま、お元気ですか? 前回の更新からちょっと時間がたっちゃいました。 春ですね!4月ですね

記事を読む

マイクロスコープでキメ撮影

今日は久々にマイクロスコープで肌を撮ってみました。 と言ってもそれほど変化はありませんでした。

記事を読む

ニキビケアは洗顔以外にも重要なことが

すでにできてしまったニキビは、まず悪化させないことが大切です。 ニキビが大きくなるとその付近の

記事を読む

no image

踏み台昇降アンチエイジング1ヶ月経過

たるみ、ほうれい線対策に、踏み台昇降を始めて約1ヶ月。 最初は28%近くあった体脂肪率も22%

記事を読む

no image

コマ切れ時間に顔ダンス♪たるみ、ほうれい線対策

表情筋運動は、たるみ、法令線、口角に効果的ですが、手間がかかると3日坊主になる人も多い。 風呂

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われが

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、

乾燥の季節でも40代でも肌がスベスベな理由

真冬・・・乾燥の季節なのに、肌はしっとりうるおっています。 かといっ

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑