*

湯シャンのベタつき対策(とれる編)

公開日: : 最終更新日:2017/11/12 湯シャン(湯だけの洗髪)

湯シャンの補助に、とれるNo.1を使うと髪のベタつきが大分おさまります。

とれるNo.1のスプレータイプを髪全体に万遍なくシュッシュとふりかけて獣毛ブラッシングでブラッシングして洗髪する方法だとベタつきが普通に取れます。
オマケにお手軽、カンタンです^^。

スプレータイプでも十分サラサラになるのですが、粉末タイプを水でドロドロにといてハンカチにベッタリつけて洗髪するとさらにサラサラ。
私の感覚だともう少し皮脂があってもいい感じがします。
ただ、今回は量を多く使いすぎたのもサラサラすぎの一因だったかもしれません。

20140616_center
とれるNo.1をたっぷりつけたハンカチで湯シャン。

一方、粉末タイプを水で薄めたのがスプレータイプ。
そう思うと、粉末タイプの方がベタつきがよく落ちるのも不思議はありません。

ただ、湯シャンを始めたばかりで髪がゴワゴワしているときは粉末タイプだと皮脂を取りすぎて返ってバシバシするかもしれません。
髪のゴワつきはシャンプーやリンス、トリートメントなどのヘアケア剤によって髪と頭皮がダメージを受けた結果。
湯シャンを根気よく続けると徐々に頭皮が回復してきます。
回復した頭皮から出てくる新しい毛はツヤツヤのしなやかな髪。

そうなる前のゴワつきを考えると、あまり皮脂を取り過ぎるのもどうかと思い、やはりスプレータイプの方がしっとり感が出そうだなと思った次第です。
また、小麦粉シャンプーも皮脂を取りすぎず、しっとり感漂っていいのではないかと思います。

ただ、とれるも小麦粉シャンプーもあくまで湯シャンの補助。
なるべくなら湯シャンの方を多めに頑張ってみてくださいね!

シャンプーだけでなく、リンス、トリートメントを日頃から使っていらっしゃった方は、湯シャン初期はベタつきよりもゴワつきが気になるかもしれませんね。

余談なのですが、とれるを使った湯シャンで使ったハンカチ、黄ばみがとれました(^_^)V



関連記事

ヘアケア剤が肌荒れの原因に

肌荒れの原因として意外と知られていないのが、シャンプー、リンス、トリートメント。 そして、ムースや

記事を読む

湯シャンで髪質は改善する?

湯シャンを1年続けている方には、髪質がよくなった!と喜ばれる方と髪が傷んだままだと嘆く方がいらっしゃ

記事を読む

no image

湯シャンは水がもったいない?

湯シャンは湯だけを使って3~5分くらいかけて丁寧に洗髪します。 (湯船で温まった後の湯シャンは2~

記事を読む

湯シャン1年半以上の頭皮と髪

湯シャンを1年半以上続けております。 1ヶ月前にシャンプーを使っていた頃の髪、カラーをしていた

記事を読む

湯シャンのフケ対策

湯シャンに限ったことではないのですが、時々フケの多い人がいらっしゃいます。 部屋を歩くと白い粉がパ

記事を読む

no image

ワセリンで髪のパサつきをケア

リンス、トリートメントをお使いの方が、湯シャンに入るとパサつきやゴワつきに見舞われることがあります。

記事を読む

湯シャン、水洗顔、肌断食を続けて1年と1ヶ月・・・

湯シャン(湯だけの洗髪)、肌断食(基礎化粧品を使わない)、水洗顔(水だけで洗顔)を始めてから1年と1

記事を読む

湯シャンで臭い場合

湯シャンを始めたばかりの場合、髪や頭皮が濡れたままだと臭うことがあります。 それは、頭皮の常在

記事を読む

湯シャンでくせ毛改善事例

湯シャン・水洗顔・肌断食を始めてから1年近くたつ母。 その変化は髪にも現れています。 湯シャ

記事を読む

no image

湯シャン後の髪の乾かし方

湯シャンを始めたばかりの時、濡れたままだと臭うことがあります。 本人にはわからなくても家族が分かる

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われが

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、

乾燥の季節でも40代でも肌がスベスベな理由

真冬・・・乾燥の季節なのに、肌はしっとりうるおっています。 かといっ

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑