*

角質培養:角栓対策はお風呂でゆっくり温まる

公開日: : 肌の記録, 角質培養

6日間の外泊を終え、本日、帰宅しました。
いや~やっぱり自宅はいいですね~。
のんびりくつろいでいます。
お泊りも刺激があって楽しいのですが、心身ともに休めるのは自宅が一番♪

早速お風呂に入って、念入りに湯シャンした後、まったりと温かい湯船に浸かります。
ああ~気持ちいい♪
10分くらいまったりと38℃くらいの湯に浸かっていました。
お風呂に入る時、のぼせやすい方はゆっくり低温の湯に浸かるのがオススメです。

お風呂でゆっくり温もっていると、あれ?あれれ?
顔のザラザラ(角栓)が溶けていくんですけど・・・
いや、溶けているんじゃなくて、角栓がふやけている様子。
水洗顔で顔をぬぐうと、ふやけてしまった白い角栓がポロポロ落ちていきます。
※こすりすぎてはいけません。

お風呂からあがると、顔のザラザラ(角栓)は大分なくなっていました。

やっぱり1日の終りには、ちゃんと湯船に浸かって心身ともにリラックスすること必要ですね。
外泊中シャワーだけでサーッと済ませる日もあったのですが、やはりシャワーだけだと限界があるようです。
体だけでなく、顔も温まり、角栓もふやけて落ちていきます。

角質培養や肌断食、水洗顔をしていると顔がザラザラになることがあるかと思います。
これは角栓というものですが、無理にこすって取ると肌を傷めます。
こんな時は上記のようにゆっくりお風呂に浸かって角栓をふやかして落とすとよいでしょう。
10分くらいをめやすに浸かっていると、肌の上のザラザラ(角栓)がふやけていきます。
角栓がふやけると白いボロボロになるので、水洗顔(ぬるま湯OK)でしっかり洗い流すとよいでしょう。
手ぬぐいやハンカチを使わなくても、十分取れます。
※指でそっとぬぐうくらいが肌を傷めにくく無難です。

20140528_center
帰宅後、お風呂でゆっくり寛いだ後の肌。
ザラザラ(角栓)も大分おさまっています。
気がついたらヘルペスも完治。



関連記事

湯シャンと肌断食5年経過しました

2012年の10月に湯シャンと肌断食を開始して5年が経ちました。 始めた頃は髪や肌に変化が見ら

記事を読む

冷却美容を実践していると

最近は冷却美容にハマり状態。 夜は暇さえあれば保冷剤で冷却。 それが冷却美容を始めてから、ど

記事を読む

初めてのASVC35(活性保持型ビタミンC)

あれから「非接触生活サポートプラグラム」の3ヶ月マスターコースに進みました。 顔だけなのでたく

記事を読む

角栓(肌のザラザラ)どこまで放置する?

水洗顔、肌断食の悩みで多いのがやはり角栓。 そう肌のザラザラです。 肌が整っていないうちはど

記事を読む

湯シャン・水洗顔・肌断食1年継続後

今日で湯シャンと水洗顔、湯洗体を続けて1年がたちました。 湯だけの洗髪、水だけの洗顔、基礎化粧品を

記事を読む

角質培養で挫折する理由

このサイトを運営して3年以上。 角質培養についてのお問い合わせもよく来ます。 角質培養は角栓

記事を読む

肌断食の経過(35歳になりました)

2013年12月16日は35歳の誕生日♪ 何事もなく静かに過ごしております。 そんな記念すべ

記事を読む

湯シャン、水洗顔の経過報告(3年以上)

先日、37歳になりました。 振り返って見ると、湯シャンや水洗顔も3年と2ヶ月。 基礎化粧品も

記事を読む

肌荒れしにくい肌に育て上げる

湯シャン、水洗顔、肌断食をセットで行い、日頃から顔を触らないように心がけていると大体の肌荒れは改善し

記事を読む

no image

角質培養:角質が異様に溜まる理由

理由あって外泊中。 生活道具や身の回りの物も何も持って出ていません。 ASVCもハンカチも手ぬぐ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

肌断食で肌が改善しないのはメイクが原因?

BBクリームやコンシーラなどカバー力のあるメイクが人気を博しています。

肌の自然治癒力を活かす肌断食

私は以前、肌の自然治癒力を信じることもせず、いろんな化粧品に頼ってきま

湯シャンで髪の毛を増やすことはできる?

湯シャンで髪の毛を増やすことができたという体験談もあれば、いや、湯シャ

肌断食と湯シャン5年半の経過報告

肌断食と湯シャンを始めて5年半がたちました。 朝晩ともにぬるま湯

湯シャンで抜け毛が増えたら

湯シャンを3~4ヶ月続けてから、あきらめてしまう人がおられます。 多

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑