*

水洗顔の方法

公開日: : 水洗顔(ぬるま湯だけで洗顔)

当ブログや肌断食のエコ肌生活記で、水洗顔について書いてきました。
しかし、水洗顔の具体的方法についてまとめた記事がないことに気づきました。

そこで今日は水洗顔の具体的な方法(今更ですが^^;)についてまとめてみようと思います。
ここで書く水洗顔は水かぬるま湯だけでの洗顔、つまり石けんを使わない洗顔法です。
しかし洗い方に関してはまったく自己流です。
宇津木式のようにまったく肌をこすらないというのを徹底しているわけではありません。

私の朝の水洗顔はこんな感じです。
1.洗面所に行って流水だけで、パシャ、パシャ、パシャと普通に顔を洗います。
  10回位はパシャパシャ繰り返します。
2.湯の温度は暖かい季節で30℃くらい、冬場は35℃くらいです。
  ※湯の温度については各自快適だと思う温度で洗ってください。
3.刺激物のついていないタオルでフワッフワッと顔を押さえるようにして水分を取り去ります。

そして夜の水洗顔はこんなかんじです。
1.お風呂に入り、30℃くらいの湯のシャワーをしばらく顔にあてます。
スッキリするまで顔にあてます。
※シャワー洗顔は肌によくないという意見もありますが、シャワーだろうと流水だろうと肌には影響しません。
それよりも洗面器で水洗顔される方は、洗面器に石けんや洗浄剤などがついていないことを確認して使いましょう(石けんや洗浄剤が残留していると肌に刺激となります)。
家族が石けんなど使っている場合はマイ洗面器を用意してもよいかと思います。
2.水洗顔を始めたばかりの頃は肌のザラザラが気になると思いますので、手ぬぐいでやさしくぬぐってもかまいませんが、強くこすらないように気をつけましょう。

また、水洗顔は1日に何度おこなってもOKです。
ベタつきが気になったり、痒くなったら水洗顔をすると肌が落ち着くと思います。
肌の様子をみながら調整していくと、ベタつきも減ってきて1日の水洗顔の回数も減ってくると思います。
職場や外出先で水洗顔される場合、マイタオルもしくはマイハンカチを用意しておくとよいでしょう。



関連記事

角質培養、水洗顔のモサ(角栓)対策

昨日の記事でとれるNo.1を紹介しました。 肌荒れしやすい人のお風呂掃除にとても便利なのですが、

記事を読む

no image

エステで毛穴吸引の思い出

私が社会人になって3年くらいたった頃、エステで吸引してもらったことがあります。 はっきり言って

記事を読む

塩洗顔は肌にいい?その効果は?

思春期に塩がいいと聞いて行った塩洗顔。 しかし肌がいたんでいる自分にはピリピリ。 後で赤みもぐれ

記事を読む

汗は肌荒れの原因?

暑いですね。 道を歩いていたら、顔に汗がダラダラ。 汗が出たら顔に痒みやピリピリ感が。 こんな

記事を読む

no image

帯状毛穴はたるみによる小じわ

皆さまは帯状毛穴という言葉を聞いたことがありますか? 帯状毛穴とは、線と線でつながった毛穴。

記事を読む

肌のザラザラ、角栓対策どうする?

水洗顔や角質培養を始めると、肌がザラザラしてくることがあります。 鏡でよく見てみると、白い小さなブ

記事を読む

水洗顔はダメ?

宇津木式の影響で、水洗顔愛好家も徐々に増えてきました。 かくいう私も水洗顔愛好家の1人であります。

記事を読む

洗顔のタオル、大丈夫?

肌が荒れやすい人、ちょっとの刺激で反応しやすい人にとって水洗顔は最適な洗顔法。 正確には、ぬる

記事を読む

水洗顔を始めたら肌がザラザラに?!

角質クリアゲルなどの角質ケアをしていたり、クレンジング、洗顔料による洗顔をしっかりしていた人は、水洗

記事を読む

水洗顔初期:石けんを適度に使う

石けんを適度に使いながら湯シャンや水洗顔を実践している方がいらっしゃいます。 その方は、化粧品

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

塩洗顔は肌にいい?その効果は?

思春期に塩がいいと聞いて行った塩洗顔。 しかし肌がいたんでいる自分に

顔の汗は肌荒れの原因になる?!

暑いですね~。 今年は特にうだるような暑さ。 この季節は、外出

ヘアケア剤が肌荒れの原因に

肌荒れの原因として意外と知られていないのが、シャンプー、リンス、トリー

肌断食実践者の紫外線対策

日焼け止めが肌に負担となり、ダメージを与えることはよく知られています。

肌断食で肌が改善しないのはメイクが原因?

BBクリームやコンシーラなどカバー力のあるメイクが人気を博しています。

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑