*

額のシワが目立たなくなりました

公開日: : 肌の記録

最近、シワについて質問を受けました。

正直、私、ニキビや炎症のほうがひどかったので、
シワ等気にも止めていませんでした。

でも私の額には2本目立つシワがあったのです。
それも23歳の時から。
花の新卒の時からあり、友達や同僚にもからかわれていました。

特に化粧品の実験台の時、嫌な思いをしたものです。

私は化粧品業界にいたこともあり、その時、
感触はどうか、見た目はどうかと実験に使われていました。
当時老け顔の23歳ということで絶好の試験台だったのだと思います。

実験となるのは大抵、クリームかゲル。
顔にゴッテリ塗られます。

そしてそのクリームを使った後を見て、同僚たちは言うんです。

「わあ!額のシワが2本あったのが目立たなくなってる~!」
「額のシワがねえ!」
「やっぱ額のシワでしょう」

その時私が傷ついたのは言うまでもありません。
こんなにコンプレックスを繰り返さなくてもいいのに。

それにクリームでごまかしたシワなんてすぐに元に戻るのに。
それよりこのベタベタなんとかしてほしい。

もちろん、落とした後は元通り。
額のシワはありました。
ええ、化粧品は誤魔化すものです。
効果などありません。
使っている間だけごまかせるのです。

また、額のシワは大きく目を見開くと、
くっきり現れることもあります。
具合が悪い時、気分が落ち込みがちなときは目が沈み、
ちょっとでも元気に見せようと目を見開きがちです。
反対に元気なときは眼力もあり、意識的に目を
見開かなくてもパッチリ開いているものです。
目が沈んでいるときは極力無理をしないように。
ムリをして目を見開かないよう気をつけましょう。

なお、今現在、私は35歳で、基礎化粧品を使わない生活、
非接触生活を1年半以上続けていますが、
額のシワ、気にならなくなりました。

20140511_hitai2
少し名残がありますが、大分目立たなくなり嬉しいです♪
もちろん、クリームも美容液も何もつけておりません。



関連記事

湯シャン・水洗顔・肌断食1年継続後

今日で湯シャンと水洗顔、湯洗体を続けて1年がたちました。 湯だけの洗髪、水だけの洗顔、基礎化粧品を

記事を読む

初めてのASVC35(活性保持型ビタミンC)

あれから「非接触生活サポートプラグラム」の3ヶ月マスターコースに進みました。 顔だけなのでたく

記事を読む

非接触とASVCで肌荒れ(ニキビ等)から復活!

今週の水曜日は、かなり慌ただしい1日で、会社に泊まり込みとなりました。 グッタリと疲れ、翌日の

記事を読む

毛穴の黒ずみの変化

水洗顔と肌断食を徹底すること1年。 ようやく鼻の毛穴に変化が出てきました。 と言っても、大分

記事を読む

湯シャン、水洗顔、肌断食を続けて1年と1ヶ月・・・

湯シャン(湯だけの洗髪)、肌断食(基礎化粧品を使わない)、水洗顔(水だけで洗顔)を始めてから1年と1

記事を読む

春の乾燥肌対策

皆さま、お元気ですか? 前回の更新からちょっと時間がたっちゃいました。 春ですね!4月ですね

記事を読む

水洗顔、湯シャン、肌断食2年と9ヶ月

エコ肌やもち肌で肌断食経過写真を載せていると、いろんな方からお便りがきます。 励まされる、参考にな

記事を読む

接触性皮膚炎:手で触ると肌荒れ

接触性皮膚炎や酒さは、手で触っただけで荒れてしまう場合があります。 手に刺激物がついているのも

記事を読む

湯シャンと肌断食5年経過しました

2012年の10月に湯シャンと肌断食を開始して5年が経ちました。 始めた頃は髪や肌に変化が見ら

記事を読む

ピーリングの効果とデメリット

ニキビ治療でよく使われるグリコール酸のピーリング。 角質培養とはまったくの逆で、角栓は毛穴を塞ぐか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

40歳:湯シャンと肌断食6年以上

40歳になりました。この時点で湯シャンと肌断食6年以上。 6年

シミを消す近道は?

湯シャンと肌断食を始めると、ニキビや赤みなどの肌荒れは短期間で改善され

肌が乾燥しやすい季節どう乗り越える?

11月ももう下旬。 街を歩くともうコートの人もいらっしゃいます。

白髪染め後のシャンプーどうする?

35歳を過ぎると白髪がチラホラ出てくる人が増えてきます。 なので、白

ストレスや不眠の肌荒れ対策

肌荒れの対策には、休養、栄養、運動が必要。 しかし、現代のストレ

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑