*

水洗顔するときの温度

公開日: : 水洗顔(ぬるま湯だけで洗顔)

最近、水洗顔をするときの水の温度について質問をいただきました。
私も湯シャン・水洗顔を始めたころは湯の温度いろいろ試したものです。

私の考え方としては、水洗顔するときの温度は、
それぞれが快適だと思う温度がちょうどよいと考えています。

というのも、真冬に無理して冷水洗顔すると、
寒さでストレスになります。
そのストレスが肌のバリア機能を弱めます。
そしてこれが肌荒れの原因になる場合があるからです。

逆に真夏の暑いときの熱い湯での洗顔もストレスですね。

私たち人間の五感は非常によくできています。
季節によって、環境によって、湯の温度を調整されても
よいのではないかと思うのです。
暑さ・寒さの感覚に応えてあげましょう。

ちなみに私は、暖かい季節は30℃くらい、
暑い季節はそれ以下、冬は32℃くらいと、
季節によって、自分が快適だと思う温度に変えています。

というわけで、まったくの水ではないので、
「エコ肌生活記」などでは「ぬるま湯」と表現しているしだいです。
40℃もの熱い湯でなく、体温以下の本当のぬるま湯です。

宇津木先生の本では「ぬるま水」と表現されていましたね。
あの表現はとてもいい表現だと思いながら読んだ事があります。

体温より低いようなぬるま湯は「ぬるま水」といった方が正しいのかもしれません。

という表現はどうであれ、皆様が、水洗顔時に
自分が快適と感じる温度を見つけていただければと思います。



関連記事

水洗顔とスプレー洗顔使い分け

水洗顔とは、水、もしくはぬるま湯だけで洗顔する方法。 石けんや洗顔フォームによるダメージがない

記事を読む

no image

ぬるま湯洗顔ブツブツ、エコ肌ブツブツ

この最近の検索ワードを見てみると、「ぬるま湯洗顔 ブツブツ」で検索してこられた方と「エコ肌ブツブツ」

記事を読む

ホントに水洗顔?!あれ?塩洗顔?!

私が実践している水洗顔は、水かぬるま湯だけの洗顔です。 他には何も使いません。 しかし、

記事を読む

no image

水洗顔でくすみ改善

湯シャン・水洗顔による母親の変化は加齢臭だけではありませんでした。 以前は醤油で煮染めたように

記事を読む

湯シャン・水洗顔・肌断食1年継続後

今日で湯シャンと水洗顔、湯洗体を続けて1年がたちました。 湯だけの洗髪、水だけの洗顔、基礎化粧品を

記事を読む

no image

帯状毛穴はたるみによる小じわ

皆さまは帯状毛穴という言葉を聞いたことがありますか? 帯状毛穴とは、線と線でつながった毛穴。

記事を読む

no image

エステで毛穴吸引の思い出

私が社会人になって3年くらいたった頃、エステで吸引してもらったことがあります。 はっきり言って

記事を読む

角栓(肌のザラザラ)どこまで放置する?

水洗顔、肌断食の悩みで多いのがやはり角栓。 そう肌のザラザラです。 肌が整っていないうちはど

記事を読む

泡洗顔と水洗顔、どっちがテカりやすい?

泡洗顔は、スッキリ皮脂を流してくれます。 洗い上がりは、突っ張ったり、かさついたりする方もいらっし

記事を読む

no image

水洗顔は宇津木式洗顔法を守る?!

水洗顔の時はこすらない。 こすらないように、手の中に水をくんでその中で顔をフルフルというのが宇津木

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日焼け?のぼせ?夏に顔が赤黒くなる原因と対策

毎日、暑い日が続きますね。 太陽がカンカン。紫外線もガンガン。

肌断食実践者の紫外線対策

肌荒れを改善したり、美肌を保とうと思えば、基本的に日焼け止めはNG。

赤身の肉で肌にハリと潤いを

非接触皮膚科学のメールマガジン「第563号 年のせい?『シミ、しわ、た

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑