*

湯洗髪(湯シャン)挫折防止のためのまとめ

公開日: : 最終更新日:2017/11/12 湯洗髪(湯シャン:湯だけの洗髪) , , ,

せっかく湯洗髪(湯シャン)をはじめたのに3ヶ月で挫折。
そんな経験ありませんか?

今日は、湯洗髪(湯シャン)のコツについてちょっと振り返ってみようと思います。
湯洗髪ははじめが大変に詳しく書いていますが、大変重要な項目なので、ここで再度まとめておきます。

1.毎日丁寧に湯洗髪をする。
はじめたばかりの頃はできるだけ毎日湯洗髪しましょう。
頭皮の常在菌を入れ替えることでニオイの防止になります。

2.湯洗髪前に獣毛ブラシで前後に50回ずつブラッシング。
髪についたホコリやフケを大分取ってくれるので、湯洗髪が大分楽になります。
本当は100回ずつがいいらしいのですが、こんなにしていると手がだるくなってきます。
ショートヘアやボブくらいなら50回で十分かと思います。
柔らかい髪で細毛の方は豚毛ブラシを、剛毛で毛量が多い方は猪毛ブラシがオススメです。
なお、湯洗髪で使う場合の柄は天然木でなくABS樹脂がよいでしょう。

上記の豚毛ブラシは、髪が柔らかく細い人でも頭皮が痛みません。

猪毛でもクッションがついていると、大分頭皮への刺激がちがうようです。

3.綿手袋か綿ハンカチ、手ぬぐいなどで湯洗髪時にぬぐう。
これで結構ベタつきが取れるかと思います。

4.初期は湯の温度を高め(40℃くらい)にする。
湯洗髪(湯シャン)をはじめたばかりの頃はベタつきやすいので、40℃くらいの湯でもよいでしょう。
ただし皮脂が少ない方(ベタつかないと思いますが)、熱がこもりやすい方は30℃くらいがよいでしょう。
なお、湯洗髪(湯シャン)を続けていくと30~35℃くらいで落ち着いてきます(皮脂の分泌が落ち着くので)

5.小麦粉シャンプーを使う→サウンドシャンプー
獣毛ブラシや綿ハンカチでもベタつきが取れない場合や夏場は小麦粉シャンプーが重宝します。
小麦粉シャンプーを使うと髪がサッパリとします。

6.「とれるNo.1」を使ってみる。
小麦粉アレルギーのある人はとれるno.1を使ってみるとよいでしょう。
とれるNo.1は米ぬかやフスマ(麦ぬか)、微生物でできている自然系洗剤。
このとれるNo.1のスプレータイプを髪に万遍なくスプレーして湯洗髪するとサッパリ。
湯洗髪初期で頭皮の常在菌環境が整っていない状態にも◎



7.10分間湯船で温もった後もう一度湯洗髪。
1回めの湯洗髪(湯シャン)の後、湯船で10分間温もります。
のぼせやすい人は低温で温もってください。
湯船で温もると頭皮の汚れ(フケなど)がふやけて落ちやすくなります。
この状態でもう一度湯洗髪をするとフケやベタつきなどのトラブルを防げます。

8.湯洗髪後はなるべく早く髪を乾かす。
湯洗髪をはじめたばかりの頃は濡れたままだと臭う場合もあります。
その場合でも気にならなければ自然乾燥でもいいのですが、気になる場合はドライヤーで乾かしましょう。
なお、ドライヤーはブラシとドライヤーが一体型だと髪に直に熱を与えてしまいますので、ドライヤー単体の方がよいでしょう。

このようなことに気をつけて毎日丁寧に湯洗髪をしているとフケやかゆみ、ネタつき、ニオイなどは防止できると思います。



関連記事

肌荒れ対策は湯シャンから

よいシャンプーなんてこの世にない。 それは、クマさん先生の言葉だった。 最初に聞いたとき

記事を読む

湯シャンで髪質は改善する?

湯シャンを1年続けている方には、髪質がよくなった!と喜ばれる方と髪が傷んだままだと嘆く方がいらっしゃ

記事を読む

no image

湯洗髪(湯シャン)を長く続けていると

このところ体調不良で湯洗髪(湯シャン)を雑にしていました。 獣毛ブラシでとかしたりはするのです

記事を読む

no image

湯洗髪(湯シャン)は水がもったいない?

湯洗髪(湯シャン)は湯だけを使って3~5分くらいかけて丁寧に洗髪します。 (湯船で温まった後の湯洗

記事を読む

湯シャンで髪と頭皮をきれいに洗う

湯シャンは、肌荒れの予防にとても役立つ美容法。 頭皮にもダメージを与えず、髪もしなやかになります。

記事を読む

no image

湯洗髪(湯シャン)失敗体験談

湯洗髪(湯シャン)を一気に始めようとして挫折される方が結構いらっしゃいます。 そんな人は最初か

記事を読む

湯シャン愛好家の白髪染め

湯シャンを実践されている方の中には白髪が気になるという方もいらっしゃると思います。 白髪の原因

記事を読む

no image

湯洗髪(湯シャン)している場合のカラー

湯洗髪(湯シャン)をしていると、カラーも頭皮を傷めるからしない方がよいのかな?と思われる方もたくさん

記事を読む

no image

湯洗髪:綿手袋で髪がサラサラ

湯洗髪(湯シャン)で、綿手袋も綿ハンカチも使わない時期がありました。 拭うものがなくても湯シャンイ

記事を読む

no image

湯だけで体を洗い、ニキビ改善

手間いらずで便利な湯洗体。 湯洗体とは、石けんもボディソープも使わずに体を洗うことです。 私

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

水洗顔と湯シャンは併用がいい理由

吹き出物やニキビは皮膚の弱い場所から出てきます。 顔、背中、胸な

角質培養で挫折する理由

このサイトを運営して3年以上。 角質培養についてのお問い合わせもよく

湯シャンで久々にシャンプーすると臭い?

ブログをやっていると湯シャン愛好家の方が結構いらっしゃることに驚かされ

湯シャン・肌断食5年以上39歳の状態

湯シャン、水洗顔を含む肌断食を実践して5年以上。 とうとう先日、39

湯シャンを適度に取り入れる場合は

11月中頃から、頭皮用シャンプーとボディソープのモニターになっています

→もっと見る

  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯洗髪、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑