*

リンス・トリートメントは肌荒れ・頭皮荒れの元

リンスやトリートメント、スプレー、整髪料など、髪につけるもので肌荒れを起こす場合があります。

リンスやトリートメント後のすすぎで湯が顔に流れると、顔の皮膚に付着しベタベタ感触になります。
このベタベタ感触は皮膚にダメージを与え、ニキビや湿疹、赤みの元となります。
さらにこのリンス・トリートメントのすすぎ湯が、背中や胸の間に流れても湿疹ができやすい傾向です。

また、リンスやトリートメントをした髪が頬の方に触れるとかゆみが生じたり、赤みが出ることがあります。
これはスプレーや整髪料をかけた髪も同じことです。

さらに、リンス・トリートメントは感触を残すために完全に洗い流さない人もおられます。
髪の感触はリンス・トリートメントでコーティングされてよくなりますが、髪の内部は粗造化されていきます。
髪だけでなく、感触の残った髪が頬に触れると、ニキビや炎症、湿疹の原因にもなることがあります。

湯洗髪をはじめると、シャンプーを使わないので、必要以上に脱脂せず、リンスがいりません。
自分の皮脂が「天然のトリートメント」となって髪の手触りやツヤをよくしてくれます。

どうしてもシャンプーを使いたい人は、とれるNo.1を使うとよいでしょう。
米ぬか、麦ぬか、微生物でできているので頭皮に害となるものがありません。
サラサラな感じが好みならパウダータイプを水でドロドロにといて、ある程度皮脂を残してしっとりさせたい場合は液体タイプをスプレーして湯洗髪するとよいでしょう。

また、獣毛ブラシでブラッシングすると髪のほこりを取ってくれるので、ツヤが良くなります。
→詳しくはエコ肌生活記の獣毛ブラシ奮闘記をご参照ください。




肌や頭皮にダメージとなるものが入っていないので、安心して湯洗髪(湯シャン)の補助に使えます。
ただ、なるべくなら湯洗髪(湯シャン)の回数を多めにし、慣れるようにしましょう。



関連記事

no image

湯洗髪(湯シャン)挫折防止のためのまとめ

せっかく湯洗髪(湯シャン)をはじめたのに3ヶ月で挫折。 そんな経験ありませんか? 今日は、湯

記事を読む

no image

湯洗髪(湯シャン)を長く続けていると

このところ体調不良で湯洗髪(湯シャン)を雑にしていました。 獣毛ブラシでとかしたりはするのです

記事を読む

no image

湯洗髪(湯シャン)後の髪の乾かし方

湯洗髪を始めたばかりの時、濡れたままだと臭うことがあります。 本人にはわからなくても家族が分かる場

記事を読む

湯シャン:ブラシにつく白い粉

湯シャンに獣毛ブラシはつきもの。 獣毛ブラシでブラッシングすることで、髪に付着した汚れ(埃など)を

記事を読む

シャンプーは一度使うと約1週間髪や頭皮に残留する

私は日頃から湯シャンをしていますが、約1週間前に美容室でシャンプーをしてもらいました。 ついでにス

記事を読む

no image

クレイ・ガスールは肌にやさしい?!

私が化粧品を使っていて、肌荒れに悩んでいた頃、クレイにお世話になったことがあります。 クレイパ

記事を読む

no image

ワセリンで髪のパサつきをケア

リンス、トリートメントをお使いの方が、湯シャンに入るとパサつきやゴワつきに見舞われることがあります。

記事を読む

湯シャン愛好家の白髪染め

湯シャンを実践されている方の中には白髪が気になるという方もいらっしゃると思います。 白髪の原因

記事を読む

no image

エステで毛穴吸引の思い出

私が社会人になって3年くらいたった頃、エステで吸引してもらったことがあります。 はっきり言って

記事を読む

no image

頬に赤みが出てきました

髪が頬に触れたりしたせいか、少し赤みが出てきました。 小さなブツも1つ。これは気になって触ったのも

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

湯シャンの臭い・ベタつき対策

湯シャン初期は、髪のベタつきやフケなどのトラブルを体験する人も多い様子

水洗顔の角栓・顔のテカり対策

水洗顔を始めると、まず悩まされるのが角栓と顔のテカリ。 角栓は皮

肌断食初期にニキビが出る場合

肌断食や水洗顔をイキナリ始めると、これまでのリバウンドで肌荒れするケー

紫外線アレルギーに注意!

紫外線が強くなってきた5月。 この頃から紫外線アレルギーの方がチラホ

湯シャンで白髪は改善する?

時々、湯シャンで白髪は改善しますか?という質問をいただきます。

→もっと見る

  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯洗髪、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑