*

湯シャン失敗例

湯シャンをしていても、トリートメントやリンスは使っている。
湯シャンをしていても、ヘアスプレーやワックス、ジェルはやめられない。
こんな人が時々いらっしゃいます。

このような中途半端な状態で湯シャンを行うと、肌や頭皮、もちろん髪にもなかなか結果が出てきません。
それどころか最悪の場合、頭皮の常在菌のバランスが崩れ、頭皮に炎症などの異常が現れることがあります。

トリートメントやスタイリング剤がやめられないという方は、湯シャンはせず、まだ低刺激性のシャンプーでとどまっておいた方がよいでしょう(それでもダメージが皆無というものはないのですが)。
湯シャンするにしても、2~3日に1回はシャンプーを薄めて使う程度に留まった方が無難です。

また、湯シャンに入る前に、シャンプーに限らず、トリートメントや整髪料などのヘアケア剤を多く使ってこられた方ほど髪や頭皮がいたんでおり、湯シャン初期に苦戦される傾向にあります。

ヘアケア剤で常在菌環境が整っていない、ほぼ無菌に近い頭皮にイキナリ湯シャンは危険です。
このような場合は、1日おき、2日おきに慣れたら、3日おきなどと、徐々に湯シャンに入っていく方が無難。
頭皮の様子を見ながら、日数を調整していくとよいでしょう。

また、湯シャンの際には、洗髪直前のブラッシング、綿手袋の使用、頭皮をガリガリ掻かず揉むように洗うなど、丁寧に行う必要があります。
ハッキリ言って、湯シャン初期は通常のシャンプーより手間がかかります。

どうしてもスタイリング剤が手放せない、スタイリング剤を使っている時だけきれいな髪でもよいという場合は、無理に湯シャンせず、シャンプーを低刺激性のものに替える、シャンプーを薄めて使う、シャンプーを2~3日おきにする(頭皮の状態を見て適切な日数を)など工夫されるとよいかと思います。

why
それはヘアケア剤の使いすぎでございます。
湯シャンの中途半端な実践でも思うような結果にはなりませんのでご注意ください。



関連記事

no image

湯だけで体を洗い、ニキビ改善

手間いらずで便利な湯洗体。 湯洗体とは、石けんもボディソープも使わずに体を洗うことです。 私

記事を読む

湯シャンの臭い・ベタつき対策

湯シャン初期は、髪のベタつきやフケなどのトラブルを体験する人も多い様子。 特に毎日シャンプーで

記事を読む

湯シャンで白髪は改善する?

時々、湯シャンで白髪は改善しますか?という質問をいただきます。 結論から言いますが、湯シャンだ

記事を読む

湯洗髪(湯シャン)でくせ毛改善事例

湯洗髪・水洗顔・肌断食を始めてから1年近くたつ母。 その変化は髪にも現れています。 湯洗髪(

記事を読む

湯シャン前のブラッシングで髪を整えやすくなる

湯シャン前の前後のブラッシングは、髪のベタつきを予防したり、髪を美しく保つのに重要な要素であります。

記事を読む

湯シャンで髪質は改善する?

湯シャンを1年続けている方には、髪質がよくなった!と喜ばれる方と髪が傷んだままだと嘆く方がいらっしゃ

記事を読む

湯シャンで臭い、茶色い汚れ

湯シャンで臭い、茶色い汚れ(酸化した皮脂)というのは湯シャン初期に発生しやすいものであります。

記事を読む

no image

リンス・トリートメントは肌荒れ・頭皮荒れの元

リンスやトリートメント、スプレー、整髪料など、髪につけるもので肌荒れを起こす場合があります。

記事を読む

無シャンではなく湯シャンを

頭皮や髪には余分な成分を使わない方がいい。 シャンプーやリンスなどの界面活性剤で頭皮や肌荒れを起こ

記事を読む

湯洗髪:ブラシや手につく白い粉

湯洗髪(湯シャン)を始めて間もなくして気になってくるのが、ブラシや手につく白い粉。 ・手櫛で髪

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

毛穴の黒ずみ:改善が止まったら

肌断食初期は、角栓やベタつきもしくはカサつきに悩まされやすい時期です。

顔汗による肌荒れ悪化に注意!

前回のブログの更新から早1ヶ月。 皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

毛穴のつまり、毛穴の汚れ、ホント?!

育毛サロンや美容サロンに行くと毛穴のつまりや毛穴の汚れを指摘されたとい

こんなにある!納豆の美肌効果

2ヶ月くらい前から晩ご飯に納豆を食べています。 週に4~5日は食べて

赤ら顔を改善したいなら首のコリを解消しよう

デスクワークをされている方は、長時間同じ姿勢、長時間集中しっぱなしで首

→もっと見る

  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯洗髪、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑