*

夏の肌荒れ注意報

突然ですが、夏は肌荒れの季節です。

それを言ってしまえば、寒い冬も肌荒れの季節じゃないか!
と言われそうなのですが、実は夏の方がほんの少し肌の管理が難しい季節であります。

毎日暑いですよね。

でも外出しないわけにもいきません。

外出すれば、汗をかきます。

夏の肌荒れ 主な原因

汗は、肌がいたんでいると刺激となり、ピリピリ感や痒みが出てきます
ピリピリ感や痒みが出てきたら、触らないわけにはいきませんよね。

ピリピリしたり痒みがあるところに手で触れる。
最悪こする。ニキビをつぶす。

それが肌へのダメージとなって赤みやニキビ、湿疹などの肌荒れを引き起こします。

水洗顔や肌断食に限らず、どの美容法でも成果が出にくい時であります。
この時期に何かの美容法を取り組もうとすれば高確率で挫折します。

夏の肌荒れ対策

こんな汗の季節にオススメなのが、その都度水洗顔
スッピンの人は、汗をかいてピリピリしたり痒みが出てきたら水洗顔して下さい。
その場で水洗顔できない場合は、濡れたタオルを持ち歩き、必要に応じて顔の汗を拭うとよいでしょう。

メイクをされている人は対策しにくいのですが、顔の上からフワフワッとタオルで水気を取るようにするとよいでしょう。
(できれば濡れタオルで顔の汗を拭き、後で化粧直しをされるとよいかと思います)

また、顔汗を抑えようと思えば、首に保冷剤を入れたハンカチを巻くとよいでしょう。
ネックールなども便利です。
ネックールは冷凍庫に保管し出かける前につけるとよいでしょう。

私も、まだ肌が改善していないときは、汗の季節に苦戦しておりました。
夏が来ると肌荒れで赤みだらけの顔でした。

顔を触ってはいけないと分かっているのに、痒みやピリピリ感でうまくいかず。
濡れたハンカチやタオルを持ち歩くようにして凌ぎました。

また、夏だからと言って必要以上に神経質にならないことも大切です。
気にすれば気にするほど顔を触ってしまいますからね。

新しい美容法は秋まで待とう

こういう季節は、肌がデリケートになりやすいので、ヘタに何かを使ったり、新しい美容法を取り入れたりすると悪化してしまう可能性が高いです。

新しい美容法を取り入れるなら秋まで待つとよいでしょう。
秋は湯シャンや水洗顔も比較的挫折しにくい季節であります。



関連記事

肌断食愛好家、メイクをして出かける

昨日は面接試験に行ってきました。 企業の面接でなく、秘書検定準1級の面接です。 →実はこの記事の

記事を読む

肌荒れしないお風呂の洗剤

非接触皮膚科学や当サイトをお読みの方はご存知だと思いますが、お風呂の床などにお風呂の洗剤(特に除菌)

記事を読む

宇津木式で顔の赤みを改善

このところ日常、水洗顔時ともに「触らない」「こすらない」を徹底中。 その甲斐あってか、汗が出て

記事を読む

no image

馬油、ホホバ油、肌荒れの心配は?

よく髪に馬油やホホバ油をお使いの方がいらっしゃいます。 湯洗髪や水洗顔愛好家の方の中にもお使いの方

記事を読む

水洗顔初期:石けんを適度に使う

石けんを適度に使いながら湯シャンや水洗顔を実践している方がいらっしゃいます。 その方は、化粧品

記事を読む

no image

頬に赤みが出てきました

髪が頬に触れたりしたせいか、少し赤みが出てきました。 小さなブツも1つ。これは気になって触ったのも

記事を読む

非接触とASVCで肌荒れ(ニキビ等)から復活!

今週の水曜日は、かなり慌ただしい1日で、会社に泊まり込みとなりました。 グッタリと疲れ、翌日の

記事を読む

マイクロスコープでキメ撮影

今日は久々にマイクロスコープで肌を撮ってみました。 と言ってもそれほど変化はありませんでした。

記事を読む

no image

水洗顔初期の角栓対策

水洗顔を始めたばかりの頃は肌のゴワゴワ・ザラザラに悩まされることがよくあります。 また、過剰なスト

記事を読む

no image

角質を取りすぎると肌の防御力が低下する

市場には、角質クリアゲルなど角質ケアアイテムが多く出回っています。 しかしこれらのアイテムで角

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

水洗顔と湯シャンは併用がいい理由

吹き出物やニキビは皮膚の弱い場所から出てきます。 顔、背中、胸な

角質培養で挫折する理由

このサイトを運営して3年以上。 角質培養についてのお問い合わせもよく

湯シャンで久々にシャンプーすると臭い?

ブログをやっていると湯シャン愛好家の方が結構いらっしゃることに驚かされ

湯シャン・肌断食5年以上39歳の状態

湯シャン、水洗顔を含む肌断食を実践して5年以上。 とうとう先日、39

湯シャンを適度に取り入れる場合は

11月中頃から、頭皮用シャンプーとボディソープのモニターになっています

→もっと見る

  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯洗髪、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑