*

湯シャンのフケ対策

公開日: : 最終更新日:2017/11/12 湯洗髪(湯シャン:湯だけの洗髪)

湯シャンに限ったことではないのですが、時々フケの多い人がいらっしゃいます。
部屋を歩くと白い粉がパラパラと落ちたり、頭を振ると白い粉が落ちたり。
頭頂部を見ると、白い粉が吹いています。

そもそもフケというのは人間の頭に多少はあるもの。
新陳代謝によって頭皮の細胞は生まれ変わり、古いものがフケとなって落ちていくわけです。

通常の範囲ならフケは目立ちません
髪や頭皮を触って指が白くなったり、床に白い粉が目立つということもありません。

フケの理由

それが、下記のような理由で頭皮のフケが増えてしまうことがあります。

1.シャンプーのしすぎなどによる乾燥(皮脂不足など)
2.炎症によるフケ(頭皮のダメージ)
3.頭皮を触ったり、掻いたりする(結構頭皮へのダメージが大きい)
4.湯シャン初期

シャンプーをしすぎによる頭皮の乾燥は特に朝シャンをされる方や毎日シャンプーをしている方に多い。
また、シャンプーやリンスを使いすぎると、それが頭皮にダメージとなって炎症を起こし、フケが多くなってしまうことがあります。
私もシャンプーを使っている頃は、頭皮が赤く、フケだらけでした。
湯シャンに切替えて頭皮が落ち着いてからはフケが目立つと言うことはありません。

また、頭皮を触ったり、掻いたりするのも頭皮にダメージを与え、炎症の元となり、フケが多くなりがちなので気をつけましょう。

洗うときは、指の腹でやさしく揉むように洗い、すすぎをしっかりと行うとよいでしょう。
爪を立てないように気をつけて下さい。

湯シャン初期のフケ

なお、湯シャン初期にフケが増える方がいらっしゃいます。
このようなケースは比較的頭皮が強い方に多いように見受けられます。

というのは、シャンプーなどの界面活性剤で髪をコーティングしていると滑りがよく、フケもよく落ちます。
私のように頭皮や肌が弱くシャンプーを使うと炎症でフケだらけというケースは、湯シャンでフケがおさまっていきます。
しかし、シャンプーが平気な方は、湯シャンに入ってからのフケの方が目立つということになります。

ちなみに頭皮の常在菌環境が乱れていたり、頭皮の機能が回復していない場合は、フケよりも臭いやベタつきが多いようです。

いずれにしても、湯シャンを丁寧に行うこと、続けることでフケや臭いは徐々に改善していきます。

1.湯シャン前のブラッシング(前後に50~100回)は、必ず行いましょう。
ショートの人は前後に50回で大丈夫ですが、ボブやロングは前後に100回は行った方がよいでしょう。
ちなみに男性のスポーツ刈り等はブラッシングの必要はありません。

なお、湯シャン時にブラッシングするとベタつきや抜け毛が軽減されたという報告もあります。
→湯シャンの前にブラッシングを忘れないで

2.湯シャン時は、ガリガリこすらず、指の腹で揉むようにやさしく洗いましょう。

3.すすぎをしっかりと行いましょう。

4.日頃から頭を掻いたり、頭皮を触ったりするのはやめましょう。

5.ベタつきが気になる場合は、湯シャン時に、髪を小束に分けてハンカチや手ぬぐいで拭うのも1つの手です。

6.どうしても慣れない!という方は無理をせず、小麦粉シャンプーや米ぬか粉末などの補助を使ったり、もしくはシャンプーの頻度を減らすことから始めてみるとよいでしょう。
→詳しくは湯シャンの導入をご覧ください。

7.臭いが気になる方は、湯シャン後なるべく早く髪を乾かしましょう。
乾燥性のフケが出ている場合は、ドライヤーを近づけすぎず8割ぐらいに乾かして下さい。
ちなみに私は髪が短く、面倒くさがりなので、ドライヤーは使いません。

scalp2



関連記事

湯シャンにリンスはNG

ネットを見ていると、肌断食や水洗顔はしているけど湯洗髪はしていない人が多い。 また、湯洗髪を知って

記事を読む

no image

頬に赤みが出てきました

髪が頬に触れたりしたせいか、少し赤みが出てきました。 小さなブツも1つ。これは気になって触ったのも

記事を読む

no image

湯洗髪(湯シャン)初期のフケ・ベタつきを乗り越えよう

湯洗髪(湯シャン)初期はフケ・ベタつきに悩まされます。 まず、行う対策としては、湯洗髪直前に獣

記事を読む

no image

湯洗髪(湯シャン)は水がもったいない?

湯洗髪(湯シャン)は湯だけを使って3~5分くらいかけて丁寧に洗髪します。 (湯船で温まった後の湯洗

記事を読む

薄毛用シャンプーや抜け毛用シャンプーってどう?

薄毛用シャンプー。 抜け毛用シャンプー。 頭皮用シャンプー。 市場には薄毛の方のために、様

記事を読む

no image

湯洗髪(湯シャン)している場合のカラー

湯洗髪(湯シャン)をしていると、カラーも頭皮を傷めるからしない方がよいのかな?と思われる方もたくさん

記事を読む

湯シャン失敗例

湯シャンをしていても、トリートメントやリンスは使っている。 湯シャンをしていても、ヘアスプレーやワ

記事を読む

無シャンではなく湯シャンを

頭皮や髪には余分な成分を使わない方がいい。 シャンプーやリンスなどの界面活性剤で頭皮や肌荒れを起こ

記事を読む

湯洗髪(湯シャン)のベタつき対策(とれる編)

湯洗髪(湯シャン)の補助に、とれるNo.1を使うと髪のベタつきが大分おさまります。 とれるNo

記事を読む

湯シャン前のブラッシングで髪を整えやすくなる

湯シャン前の前後のブラッシングは、髪のベタつきを予防したり、髪を美しく保つのに重要な要素であります。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

頬の毛穴、たるんでいませんか?

年齢を重ねると頬の毛穴で悩む方が増えてきます。 大抵は40代くらいか

赤ら顔・頬の赤みの原因と対策

寒暖の激しい季節になると、頬が赤くなったり、赤ら顔になる方が増えてきま

飲む日焼け止めは効果ある?

最近、飲む日焼け止めが流行っているようです。 巷では、飲む日焼け

湯シャンと肌断食5年経過しました

2012年の10月に湯シャンと肌断食を開始して5年が経ちました。

大人ニキビ・ストレスニキビは深呼吸で軽減

季節の変わり目やストレスなどで自律神経が乱れてしまうことがあります。

→もっと見る

  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯洗髪、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑