*

湯洗髪(湯シャン)から髪がよくなるまで

最近、湯洗髪(湯シャン)に切り替えて、肌がよくなってきたとの報告をよく頂きます。

湯洗髪に切り替えてからの肌の変化:
・肌荒れが減ってきた
・肌のキメが整ってきた
・肌の調子がよい
・ニキビが減ってきた(特に額など顔にキワ)

シャンプー液を使っての洗髪は、泡を含んだシャンプーのすすぎ湯が顔に落ちてきます。
シャンプー液は、肌や頭皮にダメージとなるだけでなく、肌や頭皮の常在菌環境も崩してしまいます。
肌や頭皮から常在菌がいなくなってしまえば、肌や頭皮を守ってくれる菌がおらず、よりダメージを受けやすくなります。

シャンプーだけでなく、リンスやコンディショナー、トリートメントも同様です。
スプレー、ワックス、ムースなどの整髪剤も同じです。
カラー剤もです。

さてさて、湯洗髪に切り替えて肌はよくなったけど、髪がまだ改善しないという方もいらっしゃいます。

肌や頭皮は、生きている細胞であり、新陳代謝により細胞の生まれ変わりがあるので、比較的早い時期に変化があります。

しかし髪は、死んだ細胞。
すでにある髪は変化しません。
つまり傷んだ髪は傷んだまま。
毛先にオイルを付けて誤魔化すことはできますが、実質的には変化はありません。

髪のごわつき、髪のパサツキなどは、改善した頭皮から出てくる新しい髪を待つとよいでしょう。

頭皮が改善すれば、頭皮の常在菌環境が整えば、髪の毛もよい髪が出てきます。

古い傷んだ髪をカットしていくうちに、新しいよい毛だけが残り、結果的にきれいな髪になるのです。
髪が改善するというよりも、髪を入れ替えたという方が正しい表現かもしれませんね。

湯洗髪によって、頭皮の常在菌環境が整うのがだいたい4~6ヶ月くらい。
そこから髪が生えて成長するまでに時間がかかるので、髪の毛が整うのは、肌や頭皮の改善より遅れてしまうのです。

新しい頭皮から毛が生えて、その毛は1ヶ月に約1センチ伸びます。
20センチ伸びるにしても20ヶ月。
湯洗髪による髪の変化は気長にいきましょう。



関連記事

no image

湯シャンで抜け毛が増える理由

髪や頭皮、そして肌にダメージを与えないのが湯シャン。 しかし、これまでにシャンプーやリンス、ト

記事を読む

no image

エステで毛穴吸引の思い出

私が社会人になって3年くらいたった頃、エステで吸引してもらったことがあります。 はっきり言って

記事を読む

no image

湯洗髪:綿手袋で髪がサラサラ

湯洗髪(湯シャン)で、綿手袋も綿ハンカチも使わない時期がありました。 拭うものがなくても湯シャンイ

記事を読む

湯シャンで白髪は改善する?

時々、湯シャンで白髪は改善しますか?という質問をいただきます。 結論から言いますが、湯シャンだ

記事を読む

湯シャンの臭い・ベタつき対策

湯シャン初期は、髪のベタつきやフケなどのトラブルを体験する人も多い様子。 特に毎日シャンプーで

記事を読む

no image

湯だけで体を洗い、ニキビ改善

手間いらずで便利な湯洗体。 湯洗体とは、石けんもボディソープも使わずに体を洗うことです。 私

記事を読む

湯シャン後のリンス・トリートメントはNG?

日曜日、母がお風呂からあがってきました。 ああ、いい湯だった。 湯シャンだけだから、早いよ。

記事を読む

湯シャン愛好家の白髪染め

湯シャンを実践されている方の中には白髪が気になるという方もいらっしゃると思います。 白髪の原因

記事を読む

湯シャンのフケ対策

湯シャンに限ったことではないのですが、時々フケの多い人がいらっしゃいます。 部屋を歩くと白い粉がパ

記事を読む

湯シャンで髪が増えた(69歳)

母(69歳)は、今年の6月で湯シャン3年が経過しました。 もちろん水洗顔も行っています。 湯

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

湯シャンの臭い・ベタつき対策

湯シャン初期は、髪のベタつきやフケなどのトラブルを体験する人も多い様子

水洗顔の角栓・顔のテカり対策

水洗顔を始めると、まず悩まされるのが角栓と顔のテカリ。 角栓は皮

肌断食初期にニキビが出る場合

肌断食や水洗顔をイキナリ始めると、これまでのリバウンドで肌荒れするケー

紫外線アレルギーに注意!

紫外線が強くなってきた5月。 この頃から紫外線アレルギーの方がチラホ

湯シャンで白髪は改善する?

時々、湯シャンで白髪は改善しますか?という質問をいただきます。

→もっと見る

  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯洗髪、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑