*

湯洗髪(湯シャン)している場合のカラー

湯洗髪(湯シャン)をしていると、カラーも頭皮を傷めるからしない方がよいのかな?と思われる方もたくさんいらっしゃると思います。

確かに頭皮や皮膚のためにもカラーはしないに越したことはありません。
しかし、カラーを頻繁に行わなければ、頭皮や肌がひどく荒れるということはありません。

私は湯洗髪初期に2ヶ月に1回くらい、カラーをしていましたが、カラーのせいで肌荒れが悪化したということはありませんでした。
(触って自爆したことはありましたが)
非接触生活によれば1ヶ月に1回くらいなら、表面上影響はないとされていますが、できるだけ期間は置きたいものです。

ただ、カラー直後1週間くらい気をつけたいことがあります。

それはカラー後1週間は特に髪を顔に触れさせないこと
カラー後1週間はまだカラーの成分が残留しています。
その髪が顔に触れると赤みやかゆみの原因となることがよくあります。
眠るときも、枕の髪が触れた部分に顔を接触させないように気をつけます。

また、カラーをしていない時でもなのですが、顔を触らないことも重要です。
カラー後は特に刺激物に触れないように気をつけて下さい。

なお、カラーしたその日、しっかり湯洗髪することも有効です。
(カラー落ちが気にならない場合)
私がカラーをしている頃は色が出なくなるまで湯洗髪したものです。
小麦粉シャンプーとれるNo.1など天然の界面活性効果があるもので洗うとより残留物がおちやすくなります。

それから、カラー直後は髪がパサつき、バシバシすることがよくあるかと思います。
そこでトリートメントを使うのはNG。
肌荒れしやすい人にはテキメンダメージとなります。
一番いいのは放置。
しばらくすると適量な皮脂で髪がぱさつかなくなります。
しかし耐えられないという方は、ピュアオイル(ホホバ油や馬油など)を少量、髪の気になる部位につけるとよいでしょう。



関連記事

湯シャン愛好家の白髪染め

湯シャンを実践されている方の中には白髪が気になるという方もいらっしゃると思います。 白髪の原因

記事を読む

no image

髪のベタつきにとれるNo.1または小麦粉シャンプー

暑い日や湿気の多い日は、湯洗髪を長期間続けている人でもベタつきが気になることがあるようです。

記事を読む

no image

湯洗髪(湯シャン)をあきらめるのはもったいない

湯洗髪(湯シャン)を3~4ヶ月続けてから、あきらめてしまう人がおられます。 しかし私から見れば大変

記事を読む

湯シャンで白髪は改善する?

時々、湯シャンで白髪は改善しますか?という質問をいただきます。 結論から言いますが、湯シャンだ

記事を読む

湯シャンの臭い・ベタつき対策

湯シャン初期は、髪のベタつきやフケなどのトラブルを体験する人も多い様子。 特に毎日シャンプーで

記事を読む

湯洗髪(湯シャン)で毛の太さが均等に

皆さんは、自分の髪の毛をまじまじと眺めたことはありますか? 私はよくあります。 シャンプ

記事を読む

no image

リンス・トリートメントは肌荒れ・頭皮荒れの元

リンスやトリートメント、スプレー、整髪料など、髪につけるもので肌荒れを起こす場合があります。

記事を読む

no image

湯洗髪(湯シャン)挫折防止のためのまとめ

せっかく湯洗髪(湯シャン)をはじめたのに3ヶ月で挫折。 そんな経験ありませんか? 今日は、湯

記事を読む

no image

湯洗髪(湯シャン)後の髪の乾かし方

湯洗髪を始めたばかりの時、濡れたままだと臭うことがあります。 本人にはわからなくても家族が分かる場

記事を読む

湯シャン失敗例

湯シャンをしていても、トリートメントやリンスは使っている。 湯シャンをしていても、ヘアスプレーやワ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

薄毛用シャンプーや抜け毛用シャンプーってどう?

薄毛用シャンプー。 抜け毛用シャンプー。 頭皮用シャンプー。

老け顔の原因と改善

様々な年齢の身近な人を見てみると老け顔の人とそうでない人といらっしゃい

ストレスの影響と肌荒れ

肌荒れの大きな原因はスキンケアのしすぎですが、それと同じくらい肌にダメ

毛穴の黒ずみ:改善が止まったら

肌断食初期は、角栓やベタつきもしくはカサつきに悩まされやすい時期です。

顔汗による肌荒れ悪化に注意!

前回のブログの更新から早1ヶ月。 皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

→もっと見る

  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯洗髪、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑