*

ぬるま湯洗顔ブツブツ、エコ肌ブツブツ

公開日: : 水洗顔(ぬるま湯だけで洗顔)

この最近の検索ワードを見てみると、「ぬるま湯洗顔 ブツブツ」で検索してこられた方と「エコ肌ブツブツ」で検索してこられた方がいらっしゃいました。

どちらも1件ではあったのですが、湯シャン、水洗顔、肌断食を頑張って実践しても、ブツブツが改善しない人おられるかと思います。

肌がさらに弱い場合は、湯シャン、水洗顔、肌断食だけでは不十分で、柔軟剤や抗菌剤、スプレー、身の回りの衣類など肌に刺激となるもの、肌の常在菌環境を乱すものに注意する必要があります。
また、肌が弱くても健康であっても「肌を日常的に触らない」ことも重要です。

しかし生活を振り返っても何に接触したのか分からない!という人結構おられると思います。

またこの接触もパートナーとのスキンシップなど回避が難しい場合もあります。

このへんの細かな接触をカバーする情報が見つかればよいのですが、現在エコ肌では痒みやピリピリ感、炎症を抑える冷却美容で肌を触る、引っ掻くを回避すること、そして私が実際に体験して自爆した接触体験談をお伝えするくらいです。

思い出せないほどの細かな接触を手軽にカバーする方法があればよいのですが、そこはまたエコ肌の研究課題であります。

接触だから仕方がないのかもしれませんが、未来で何かいい方法が見つかるかもしれません。
引き続き「小さな接触」を研究課題とし、専門家の文献をチェックする作業頑張って行きます。

そうそう湯シャン、水洗顔を始めたばかりの頃のブツブツやニキビ。
皮膚の常在菌環境が整っていないために異常が出やすい場合もありますので、6ヶ月を目安に実践するとよいでしょう。
またベタついて不快な場合は水洗顔でマメに流すことで皮脂の酸化を防ぎます。

ただ、この時期になるとベタつきより乾燥が気になられるケースが多い。
空気の乾燥よりも寒さのストレスによって肌が影響を受けやすくなりますので、くれぐれも温かくしておでかけ下さい。



関連記事

湯シャン・水洗顔・肌断食1年継続後

今日で湯シャンと水洗顔、湯洗体を続けて1年がたちました。 湯だけの洗髪、水だけの洗顔、基礎化粧品を

記事を読む

角栓(肌のザラザラ)どこまで放置する?

水洗顔、肌断食の悩みで多いのがやはり角栓。 そう肌のザラザラです。 肌が整っていないうちはど

記事を読む

水洗顔の角栓・顔のテカり対策

水洗顔を始めると、まず悩まされるのが角栓と顔のテカリ。 角栓は皮脂と角質が混ざり合ってできたも

記事を読む

鼻の毛穴のケアどうする?

化粧品売り場には、様々な種類の鼻の毛穴用ケア製品が並んでいます。 鼻に貼ってパリッと剥がす鼻パック

記事を読む

no image

あぶらとり紙は逆効果?!

昨日、部屋を整理していたら、あぶらとり紙が出てきました。 ああ、そういえばこういうのあったなあ

記事を読む

水洗顔はメイクをされる場合でも可能

水洗顔は、ゆるま湯だけで洗顔する洗顔法。 ぬるま湯だけでの洗顔なので、強くこすらない限り肌に負担が

記事を読む

no image

水洗顔の温度と方法

湯シャンに慣れてきたら、ぬるま湯だけでの洗顔にも挑戦してみましょう。 水洗顔の温度 水洗顔のぬる

記事を読む

no image

水洗顔は宇津木式洗顔法を守る?!

水洗顔の時はこすらない。 こすらないように、手の中に水をくんでその中で顔をフルフルというのが宇津木

記事を読む

no image

水洗顔でくすみ改善

湯シャン・水洗顔による母親の変化は加齢臭だけではありませんでした。 以前は醤油で煮染めたように

記事を読む

肌を拡大してみると角栓(モサ)発見!

最近、知り合いのカメラ、いや、スマホに病みつきです。 だって写真の画質がいいんだもん。 はっ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

肌断食で肌が改善しないのはメイクが原因?

BBクリームやコンシーラなどカバー力のあるメイクが人気を博しています。

肌の自然治癒力を活かす肌断食

私は以前、肌の自然治癒力を信じることもせず、いろんな化粧品に頼ってきま

湯シャンで髪の毛を増やすことはできる?

湯シャンで髪の毛を増やすことができたという体験談もあれば、いや、湯シャ

肌断食と湯シャン5年半の経過報告

肌断食と湯シャンを始めて5年半がたちました。 朝晩ともにぬるま湯

湯シャンで抜け毛が増えたら

湯シャンを3~4ヶ月続けてから、あきらめてしまう人がおられます。 多

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑