*

湯洗髪(湯シャン)は無理をしないのが重要

暑い日が続きますね。
こう暑いと汗で髪や頭皮もジットリ。

こんな日は思わずシャンプーしたくなっちゃいますが、私は湯洗髪(湯シャン)。

しかし、まだ頭皮の常在菌環境が整っていない場合、無理して完全湯洗髪を続けるとニオイやベタつき等の症状が出る場合があります。
それだけならまだしも、マラセチア(癜風菌の異常繁殖)に見舞われてしまうこともあります。

毎日シャンプーを使っていれば、頭皮の常在菌が全滅しているのも無理はありません。
その常在菌が全滅して頭皮の環境が整っていないところに、いきなり湯洗髪(湯シャン)では頭皮もビックリです。
シャンプーの界面活性剤やパラベンは除菌機能があり、いい菌も悪い菌も除菌です。
そのような無菌状態でいきなり完全湯洗髪(湯シャン)をするとトラブルが出ることも。
放置しておけば治まる場合が多いですが、それまでが大変です。

そんな時は徐々にシャンプーを減らしていきましょう。
1日に1回のシャンプーに慣れたら、2日に1回、2日に1回のシャンプーに慣れたら、3日に1回・・・と。
できれば、ごく少量を使うとよいでしょう。

また、米ぬか洗剤のとれるNo.1や小麦粉シャンプーを湯洗髪(湯シャン)の補助に使うのもオススメ。

湯洗髪(湯シャン)の日は、獣毛ブラシでの念入りなブラッシング、手ぬぐいを使って丁寧に洗髪するとよいでしょう。



関連記事

no image

湯洗髪(湯シャン)を長く続けていると

このところ体調不良で湯洗髪(湯シャン)を雑にしていました。 獣毛ブラシでとかしたりはするのです

記事を読む

湯シャンのフケ対策

湯シャンに限ったことではないのですが、時々フケの多い人がいらっしゃいます。 部屋を歩くと白い粉がパ

記事を読む

no image

エステで毛穴吸引の思い出

私が社会人になって3年くらいたった頃、エステで吸引してもらったことがあります。 はっきり言って

記事を読む

no image

頬に赤みが出てきました

髪が頬に触れたりしたせいか、少し赤みが出てきました。 小さなブツも1つ。これは気になって触ったのも

記事を読む

湯洗髪(湯シャン)のベタつき対策(とれる編)

湯洗髪(湯シャン)の補助に、とれるNo.1を使うと髪のベタつきが大分おさまります。 とれるNo

記事を読む

no image

湯洗髪:綿手袋で髪がサラサラ

湯洗髪(湯シャン)で、綿手袋も綿ハンカチも使わない時期がありました。 拭うものがなくても湯シャンイ

記事を読む

肌荒れ対策は湯シャンから

よいシャンプーなんてこの世にない。 それは、クマさん先生の言葉だった。 最初に聞いたとき

記事を読む

湯シャンで臭い場合

湯シャンを始めたばかりの場合、髪や頭皮が濡れたままだと臭うことがあります。 それは、頭皮の常在

記事を読む

湯シャンで髪が増えた(69歳)

母(69歳)は、今年の6月で湯シャン3年が経過しました。 もちろん水洗顔も行っています。 湯

記事を読む

薄毛用シャンプーや抜け毛用シャンプーってどう?

薄毛用シャンプー。 抜け毛用シャンプー。 頭皮用シャンプー。 市場には薄毛の方のために、様

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

薄毛用シャンプーや抜け毛用シャンプーってどう?

薄毛用シャンプー。 抜け毛用シャンプー。 頭皮用シャンプー。

老け顔の原因と改善

様々な年齢の身近な人を見てみると老け顔の人とそうでない人といらっしゃい

ストレスの影響と肌荒れ

肌荒れの大きな原因はスキンケアのしすぎですが、それと同じくらい肌にダメ

毛穴の黒ずみ:改善が止まったら

肌断食初期は、角栓やベタつきもしくはカサつきに悩まされやすい時期です。

顔汗による肌荒れ悪化に注意!

前回のブログの更新から早1ヶ月。 皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

→もっと見る

  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯洗髪、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑