*

角質培養:角栓対策はお風呂でゆっくり温まる

公開日: : 肌の記録, 角質培養

6日間の外泊を終え、本日、帰宅しました。
いや~やっぱり自宅はいいですね~。
のんびりくつろいでいます。
お泊りも刺激があって楽しいのですが、心身ともに休めるのは自宅が一番♪

早速お風呂に入って、念入りに湯洗髪した後、まったりと温かい湯船に浸かります。
ああ~気持ちいい♪
10分くらいまったりと38℃くらいの湯に浸かっていました。
お風呂に入る時、のぼせやすい方はゆっくり低温の湯に浸かるのがオススメです。

お風呂でゆっくり温もっていると、あれ?あれれ?
顔のザラザラ(角栓)が溶けていくんですけど・・・
いや、溶けているんじゃなくて、角栓がふやけている様子。
水洗顔で顔をぬぐうと、ふやけてしまった白い角栓がポロポロ落ちていきます。
※こすりすぎてはいけません。

お風呂からあがると、顔のザラザラ(角栓)は大分なくなっていました。

やっぱり1日の終りには、ちゃんと湯船に浸かって心身ともにリラックスすること必要ですね。
外泊中シャワーだけでサーッと済ませる日もあったのですが、やはりシャワーだけだと限界があるようです。
体だけでなく、顔も温まり、角栓もふやけて落ちていきます。

角質培養や肌断食、水洗顔をしていると顔がザラザラになることがあるかと思います。
これは角栓というものですが、無理にこすって取ると肌を傷めます。
こんな時は上記のようにゆっくりお風呂に浸かって角栓をふやかして落とすとよいでしょう。
10分くらいをめやすに浸かっていると、肌の上のザラザラ(角栓)がふやけていきます。
角栓がふやけると白いボロボロになるので、水洗顔(ぬるま湯OK)でしっかり洗い流すとよいでしょう。
手ぬぐいやハンカチを使わなくても、十分取れます。
※指でそっとぬぐうくらいが肌を傷めにくく無難です。

20140528_center
帰宅後、お風呂でゆっくり寛いだ後の肌。
ザラザラ(角栓)も大分おさまっています。
気がついたらヘルペスも完治。



関連記事

汚肌改善までを振り返る

私はこれまで汚肌遺伝子に再々絶望してきました。 小さい頃に母親の顔を見て、ああ、汚いなあと思ったこ

記事を読む

肌荒れしやすい人はお泊り注意!

会社でも、友人宅でも、旅行先でも、肌荒れしやすい人がお泊りする時は気をつける点があります。 大

記事を読む

水洗顔、湯洗髪、肌断食2年と9ヶ月

エコ肌やもち肌で肌断食経過写真を載せていると、いろんな方からお便りがきます。 励まされる、参考にな

記事を読む

no image

元化粧品依存症の教訓

昨日は、最後に「ASVC依存症にならないように修復後は控えていく」と書きました。 というのも、

記事を読む

口周りの肌荒れ、肌断食だけで改善しない時

16日付近の肌の調子はこんな感じです。 口周りの荒れ、パッと見た感じではわからないのですが、触

記事を読む

たるみ、ほうれい線対策:ストロビクス1ヶ月経過

たるみ、ほうれい線対策のストロビクスを始めてとうとう1ヶ月経ちました。 ストロビクスとはストロ

記事を読む

額のシワが目立たなくなりました

最近、シワについて質問を受けました。 正直、私、ニキビや炎症のほうがひどかったので、 シワ等

記事を読む

no image

肌質で選ぶ角栓対策

水洗顔・肌断食をしていると角栓に悩まされることがあります。 特に洗面器の中でプルプルの宇津木式洗顔

記事を読む

出張や旅行先での肌荒れに注意!

このところ、東京に出張していました。 出張ではもちろん、ホテルに泊まりです。 しかも上司と同

記事を読む

肌のザラザラ、角栓対策どうする?

水洗顔や角質培養を始めると、肌がザラザラしてくることがあります。 鏡でよく見てみると、白い小さなブ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

薄毛用シャンプーや抜け毛用シャンプーってどう?

薄毛用シャンプー。 抜け毛用シャンプー。 頭皮用シャンプー。

老け顔の原因と改善

様々な年齢の身近な人を見てみると老け顔の人とそうでない人といらっしゃい

ストレスの影響と肌荒れ

肌荒れの大きな原因はスキンケアのしすぎですが、それと同じくらい肌にダメ

毛穴の黒ずみ:改善が止まったら

肌断食初期は、角栓やベタつきもしくはカサつきに悩まされやすい時期です。

顔汗による肌荒れ悪化に注意!

前回のブログの更新から早1ヶ月。 皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

→もっと見る

  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯洗髪、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑