*

水洗顔の方法

当ブログや肌断食のエコ肌生活記で、水洗顔について書いてきました。
しかし、水洗顔の具体的方法についてまとめた記事がないことに気づきました。

そこで今日は水洗顔の具体的な方法(今更ですが^^;)についてまとめてみようと思います。
ここで書く水洗顔は水かぬるま湯だけでの洗顔、つまり石けんを使わない洗顔法です。
しかし洗い方に関してはまったく自己流です。
宇津木式のようにまったく肌をこすらないというのを徹底しているわけではありません。

私の朝の水洗顔はこんな感じです。
1.洗面所に行って流水だけで、パシャ、パシャ、パシャと普通に顔を洗います。
  10回位はパシャパシャ繰り返します。
2.湯の温度は暖かい季節で30℃くらい、冬場は35℃くらいです。
  ※湯の温度については各自快適だと思う温度で洗ってください。
3.刺激物のついていないタオルでフワッフワッと顔を押さえるようにして水分を取り去ります。

そして夜の水洗顔はこんなかんじです。
1.お風呂に入り、30℃くらいの湯のシャワーをしばらく顔にあてます。
スッキリするまで顔にあてます。
※シャワー洗顔は肌によくないという意見もありますが、シャワーだろうと流水だろうと肌には影響しません。
それよりも洗面器で水洗顔される方は、洗面器に石けんや洗浄剤などがついていないことを確認して使いましょう(石けんや洗浄剤が残留していると肌に刺激となります)。
家族が石けんなど使っている場合はマイ洗面器を用意してもよいかと思います。
2.水洗顔を始めたばかりの頃は肌のザラザラが気になると思いますので、手ぬぐいでやさしくぬぐってもかまいませんが、強くこすらないように気をつけましょう。

また、水洗顔は1日に何度おこなってもOKです。
ベタつきが気になったり、痒くなったら水洗顔をすると肌が落ち着くと思います。
肌の様子をみながら調整していくと、ベタつきも減ってきて1日の水洗顔の回数も減ってくると思います。
職場や外出先で水洗顔される場合、マイタオルもしくはマイハンカチを用意しておくとよいでしょう。



関連記事

水洗顔はメイクをされる場合でも可能

水洗顔は、ゆるま湯だけで洗顔する洗顔法。 ぬるま湯だけでの洗顔なので、強くこすらない限り肌に負担が

記事を読む

no image

鼻の黒ずみ、毛穴はこすらない水洗顔

宇津木式洗顔などで、こすらない水洗顔を心がけていると、角栓もぐれになりますが、毛穴の黒ずみがひいてい

記事を読む

水洗顔はダメ?

宇津木式の影響で、水洗顔愛好家も徐々に増えてきました。 かくいう私も水洗顔愛好家の1人であります。

記事を読む

角質培養、水洗顔のモサ(角栓)対策

昨日の記事でとれるNo.1を紹介しました。 肌荒れしやすい人のお風呂掃除にとても便利なのですが、

記事を読む

夏の肌荒れ注意報

突然ですが、夏は肌荒れの季節です。 それを言ってしまえば、寒い冬も肌荒れの季節じゃないか!

記事を読む

現在の肌の状態(ASVC使用の非接触生活)

皆さん、こんにちは! また更新が久しぶりになっちゃいました。 非接触フェロー合格から、ほぼ毎

記事を読む

水洗顔と石けん洗顔どっち?

あなたは、石けんで洗顔していますか? それとも、洗顔フォームで洗顔していますか? え~筆者は

記事を読む

no image

水洗顔するときの温度

最近、水洗顔をするときの水の温度について質問をいただきました。 私も湯洗髪・水洗顔を始めたころは湯

記事を読む

水洗顔は老化の元?

ある化粧品の広告に「水洗顔は老化の元」などと書かれていました。 水洗顔で残った皮脂が酸化するという

記事を読む

no image

水洗顔の温度と方法

湯洗髪(湯シャン)に慣れてきたら、ぬるま湯だけでの洗顔にも挑戦してみましょう。 水洗顔の温度 水

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

水洗顔と湯シャンは併用がいい理由

吹き出物やニキビは皮膚の弱い場所から出てきます。 顔、背中、胸な

角質培養で挫折する理由

このサイトを運営して3年以上。 角質培養についてのお問い合わせもよく

湯シャンで久々にシャンプーすると臭い?

ブログをやっていると湯シャン愛好家の方が結構いらっしゃることに驚かされ

湯シャン・肌断食5年以上39歳の状態

湯シャン、水洗顔を含む肌断食を実践して5年以上。 とうとう先日、39

湯シャンを適度に取り入れる場合は

11月中頃から、頭皮用シャンプーとボディソープのモニターになっています

→もっと見る

  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯洗髪、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑