*

水洗顔の方法

当ブログや肌断食のエコ肌生活記で、水洗顔について書いてきました。
しかし、水洗顔の具体的方法についてまとめた記事がないことに気づきました。

そこで今日は水洗顔の具体的な方法(今更ですが^^;)についてまとめてみようと思います。
ここで書く水洗顔は水かぬるま湯だけでの洗顔、つまり石けんを使わない洗顔法です。
しかし洗い方に関してはまったく自己流です。
宇津木式のようにまったく肌をこすらないというのを徹底しているわけではありません。

私の朝の水洗顔はこんな感じです。
1.洗面所に行って流水だけで、パシャ、パシャ、パシャと普通に顔を洗います。
  10回位はパシャパシャ繰り返します。
2.湯の温度は暖かい季節で30℃くらい、冬場は35℃くらいです。
  ※湯の温度については各自快適だと思う温度で洗ってください。
3.刺激物のついていないタオルでフワッフワッと顔を押さえるようにして水分を取り去ります。

そして夜の水洗顔はこんなかんじです。
1.お風呂に入り、30℃くらいの湯のシャワーをしばらく顔にあてます。
スッキリするまで顔にあてます。
※シャワー洗顔は肌によくないという意見もありますが、シャワーだろうと流水だろうと肌には影響しません。
それよりも洗面器で水洗顔される方は、洗面器に石けんや洗浄剤などがついていないことを確認して使いましょう(石けんや洗浄剤が残留していると肌に刺激となります)。
家族が石けんなど使っている場合はマイ洗面器を用意してもよいかと思います。
2.水洗顔を始めたばかりの頃は肌のザラザラが気になると思いますので、手ぬぐいでやさしくぬぐってもかまいませんが、強くこすらないように気をつけましょう。

また、水洗顔は1日に何度おこなってもOKです。
ベタつきが気になったり、痒くなったら水洗顔をすると肌が落ち着くと思います。
肌の様子をみながら調整していくと、ベタつきも減ってきて1日の水洗顔の回数も減ってくると思います。
職場や外出先で水洗顔される場合、マイタオルもしくはマイハンカチを用意しておくとよいでしょう。



関連記事

no image

水洗顔は手ぬぐいを使ってもOK?

水洗顔と肌断食は、普段からたくさん化粧品をお使いの方は最初が大変だと思います。 しかし慣れると本当

記事を読む

水洗顔を続けていて乾燥がなくなりました。

このところ入浴中に顔をタオルで拭いています。 私はお風呂に入ると、まず湯洗髪(湯だけで洗髪)、

記事を読む

角質培養、水洗顔のモサ(角栓)対策

昨日の記事でとれるNo.1を紹介しました。 肌荒れしやすい人のお風呂掃除にとても便利なのですが、

記事を読む

宇津木式で顔の赤みを改善

このところ日常、水洗顔時ともに「触らない」「こすらない」を徹底中。 その甲斐あってか、汗が出て

記事を読む

夏の肌荒れ注意報

突然ですが、夏は肌荒れの季節です。 それを言ってしまえば、寒い冬も肌荒れの季節じゃないか!

記事を読む

水洗顔初期:石けんを適度に使う

石けんを適度に使いながら湯シャンや水洗顔を実践している方がいらっしゃいます。 その方は、化粧品

記事を読む

no image

水洗顔初期の角栓対策

水洗顔を始めたばかりの頃は肌のゴワゴワ・ザラザラに悩まされることがよくあります。 また、過剰なスト

記事を読む

肌を拡大してみると角栓(モサ)発見!

最近、知り合いのカメラ、いや、スマホに病みつきです。 だって写真の画質がいいんだもん。 はっ

記事を読む

no image

帯状毛穴はたるみによる小じわ

皆さまは帯状毛穴という言葉を聞いたことがありますか? 帯状毛穴とは、線と線でつながった毛穴。

記事を読む

湯洗髪・水洗顔・肌断食1年継続後

今日で湯洗髪と水洗顔、湯洗体を続けて1年がたちました。 湯だけの洗髪、水だけの洗顔、基礎化粧品を使

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

頬の毛穴、たるんでいませんか?

年齢を重ねると頬の毛穴で悩む方が増えてきます。 大抵は40代くらいか

赤ら顔・頬の赤みの原因と対策

寒暖の激しい季節になると、頬が赤くなったり、赤ら顔になる方が増えてきま

飲む日焼け止めは効果ある?

最近、飲む日焼け止めが流行っているようです。 巷では、飲む日焼け

湯シャンと肌断食5年経過しました

2012年の10月に湯シャンと肌断食を開始して5年が経ちました。

大人ニキビ・ストレスニキビは深呼吸で軽減

季節の変わり目やストレスなどで自律神経が乱れてしまうことがあります。

→もっと見る

  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯洗髪、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑