*

湯洗髪(湯シャン)をはじめて髪がきしむのは

湯洗髪(湯シャン)を始めて、しばらくは髪がきしむ方が多いようですね。
きしみはこれまで使っていたシャンプーやコンディショナーなどでダメージを受けた結果。
ダメージは残念ながら回復することはありません。

引き続きリンスやトリートメントを使って表面をコーティングしてごまかすという手もありますけど、実質、髪は傷んだままでしょう。

このきしみに耐えて数ヶ月湯だけの洗髪を続けていくと、新しく出てくる毛の部分はツヤツヤしてキレイです。
そしてこれまでのダメージヘアの部分を切っていくと、そのうちキレイな髪が残ります。

リンス・トリートメントで手入れをした毛とはまた違った美しさが体験できます。

湯洗髪(湯シャン)をはじめてからしばらくはきしみ、ベタつき、いろいろ大変かと思いますが、獣毛ブラシでしっかりとブラッシングすると大分髪のベタつきや感触が違ってきます。

バシバシするからすぐにリンス、トリートメントに走ると頭皮や皮膚に大ダメージ。

しばらく獣毛ブラシだけで湯洗髪を続けていると、自分の皮脂がリンスの役割をしてくれて、リンス、トリートメントなんていらなかったんだな~と実感できるようになります。

リンス、トリートメントがほしい場合は小麦粉シャンプーなどで凌ぐとよいかと思います。

メイソンピアソンの高級獣毛ブラシ。
ブラッシングすると髪のツヤがきれいに出て、手触りもよくなります。
剛毛に適したブラシもあれば、細く柔らかい毛に適したブラシもあります。



関連記事

no image

湯洗髪(湯シャン)している場合のカラー

湯洗髪(湯シャン)をしていると、カラーも頭皮を傷めるからしない方がよいのかな?と思われる方もたくさん

記事を読む

湯シャンで髪が増えた(69歳)

母(69歳)は、今年の6月で湯シャン3年が経過しました。 もちろん水洗顔も行っています。 湯

記事を読む

no image

湯洗髪(湯シャン)挫折防止のためのまとめ

せっかく湯洗髪(湯シャン)をはじめたのに3ヶ月で挫折。 そんな経験ありませんか? 今日は、湯

記事を読む

no image

湯洗髪(湯シャン)初期のフケ・ベタつきを乗り越えよう

湯洗髪(湯シャン)初期はフケ・ベタつきに悩まされます。 まず、行う対策としては、湯洗髪直前に獣

記事を読む

no image

湯シャンで抜け毛が増える理由

髪や頭皮、そして肌にダメージを与えないのが湯シャン。 しかし、これまでにシャンプーやリンス、ト

記事を読む

湯シャンにリンスはNG

ネットを見ていると、肌断食や水洗顔はしているけど湯洗髪はしていない人が多い。 また、湯洗髪を知って

記事を読む

無シャンではなく湯シャンを

頭皮や髪には余分な成分を使わない方がいい。 シャンプーやリンスなどの界面活性剤で頭皮や肌荒れを起こ

記事を読む

湯シャンで髪質は改善する?

湯シャンを1年続けている方には、髪質がよくなった!と喜ばれる方と髪が傷んだままだと嘆く方がいらっしゃ

記事を読む

no image

湯洗髪(湯シャン)は無理をしないのが重要

暑い日が続きますね。 こう暑いと汗で髪や頭皮もジットリ。 こんな日は思わずシャンプーしたくな

記事を読む

no image

エステで毛穴吸引の思い出

私が社会人になって3年くらいたった頃、エステで吸引してもらったことがあります。 はっきり言って

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

薄毛用シャンプーや抜け毛用シャンプーってどう?

薄毛用シャンプー。 抜け毛用シャンプー。 頭皮用シャンプー。

老け顔の原因と改善

様々な年齢の身近な人を見てみると老け顔の人とそうでない人といらっしゃい

ストレスの影響と肌荒れ

肌荒れの大きな原因はスキンケアのしすぎですが、それと同じくらい肌にダメ

毛穴の黒ずみ:改善が止まったら

肌断食初期は、角栓やベタつきもしくはカサつきに悩まされやすい時期です。

顔汗による肌荒れ悪化に注意!

前回のブログの更新から早1ヶ月。 皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

→もっと見る

  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯洗髪、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑